August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 関市 池田の家 地鎮祭 | Main | 関市環境審議会に出席 »

03/20/2017

扶桑の家 南に残る既設建物の解体

扶桑の家 注文住宅

白、黒、木のバランスが素敵なスタイリッシュな住まい

お引き渡し後のお引っ越しが済んだので、

南に取り残されていた平屋の解体が始まりました。


通常の建て替えであれば、

既設建物をすべて解体し更地にして新しい建物を建設するのですが、

今回の場合は、

これまで暮らしていた平屋の住まいが南北に繋がっており、

南側の部分だけで居住できるという判断から、

北側のみを解体しそこに新しい建物を建築。

南の建物が全て解体されたのを確認し、

建築検査済証が発行されるという流れになります。

これで、仮住まいの家賃も引越し費用も軽減。

お客様にたいへんよろこんでいただくことが出来ました。


大手やローコスト系では、

こうした流れでの工事は極力避けたいので

「できません。」

という返答になるのかもしれません。

なぜなら、

最終のご入金がお引き渡し時から遅れるから。


Mk17032002


現場では、

新しい建物と既設建物との距離がもの凄く近いので、

慎重な解体作業が進みます。


安全第一。



くらしをつくる。

設計工務店 宮部建設

代表 宮部 英門





« 関市 池田の家 地鎮祭 | Main | 関市環境審議会に出席 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事