May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« November 2016 | Main | January 2017 »

December 2016

12/27/2016

リノベーションのご相談 春日井にて

ある方にお誘いを賜り

春日井に暮らすクライアント様のもとへ

40数年前に開発された○○台

に建つ築42年の一戸建て。

築15年あたりで一度リフォームを施しているとのこと。


とても綺麗にお使いで、

センスよくインテリアも整えられています。


今回は、

北側の暗い部屋で壁付けになっているキッチンを

南の明るい部屋に新たに設けたいというご要望。

南に向いた10帖ほどのリビングダイニング。

東には建具で仕切られた6帖の和室。

この2部屋をつなげて、

毎日の家事を愉しめる、趣味を満喫できる空間へ。


平均寿命でいうところの残り20年。

その20年をどう暮らすか。

これまでは特に気にならなかった、

玄関までに上がらなければならない13段の階段。

寒い在来のお風呂など。。



クライアント様のお話しをお聞きする中で、

これまでの日本の住宅づくりの問題点が明確に。


敷地や室内に段差がある。

取れない壁がある。

寒い、暑い。

一言でいえば、

住み人のライフスタイルの変化に対応しづらい家。


やはり、

バリアフリーでスケルトン・インフィル。

災害や自然環境から身を守れる家。


私たちの取り組んでいる家づくりが間違いでないことを、

改めて感じることとなりました。


クライアント様がイキイキと毎日を愉しめるよう。

愉しんで頂けるよう。

ご相談主とともに良き提案をさせていただきます。



住まいのことでお悩みを抱えている皆様の課題を解決する。

住宅設備を入れ替えるだけでは解決できない。

それがこれまで建てられてきた日本の住宅の特徴。


取り組むべきことがまだまだ多くあります!

Mk16122701




人と家をつなぐ関市の工務店

設計工務店 宮部建設

代表 宮部 英門




12/24/2016

きららくらぶ 2017年1月号にてご紹介

さて、関市と美濃市にお住まいの皆様

お手元に、『きららくらぶ2017年1月号』は届きましたでしょうか。

Mk122301


来年1月、

私どもの家づくり相談会の開催を1ページにてご紹介しています。


Mk122302



写真は、岐阜市のK様邸の様子を採用させていただきました。

その他の竣工写真も、

『フリモAR』にて30秒間の映像を観ることが出来ます。

ぜひ『フリモAR』をダウンロードしてご覧ください♫



営業されない、どなたでも無料で相談できる

イエイエ家づくり相談会

来店しやすい3つの時間を設けました

①10:30~ ②13:30~ ③15:00~

1月の開催日は、

7日(土)、8日(日)、9日(月)、12日(木)

21日(土)、22日(日)、24日(火)、26日(木)、

28日(土)、29日(日)


マーゴのイエイエルームにて

皆様のご来店をお待ち致しております。




人と家をつなぐ関市の工務店

設計工務店 宮部建設

代表 宮部 英門

12/23/2016

「贈与税非課税枠は期待感も」と業界紙

22日付けの住宅産業新聞

見出しは、

「贈与税非課税枠は期待感も」

Mk16122401


先ごろまとまった自民・公明両党による

「平成29年度税制改正大綱」では、

住宅関連の要望は概ね認められた格好。

だが、基本的には延長が主体で

当初から無理な要望はしていないとの反面的な見方も。


一方で、大手メーカーの戸建住宅受注は10月、11月と

2か月連続で大半が前年同月比±ゼロからマイナス。

これは、消費税反動減が始まった2014年9月以来2年ぶりのこと。


多少薄明りを感じるのは、

昨年度までの消費税の軽減税率に代わる要望の柱であった、

贈与税の非課税枠の拡大。

表向き認められてないが、含みを持たせた内容と読める部分もある。

と記事はしています。



どうなることやら。。。



人と家をつなぐ関市の工務店

設計工務店 宮部建設

代表 宮部 英門


12/19/2016

店舗改築計画から関の観光を考える

2020年東京オリンピック。

それまで相当に期待されるインバウンド。

わたくしたちのまち関市でも、

国内の需要よりもインバウンドに期待する方が。

厳密には期待ではなく、

十数年前からここに着目し行動したきた人物。


そんな先見の明を持つ人物に依頼され、

現在店舗の改築計画を進めています。



話は少し飛びますが、

先日関市議会の傍聴後に

観光振興に関する調査特別委員会。

主な議事は、

関市観光協会の法人化・

刃物ミュージアム回廊整備事業について。

現在、市役所の観光課が事務局運営している

関市の観光協会ですが、

来年4月より一般社団法人化して

独り立ちすることが決まりました。

といっても当分は市役所の職員が出向する形で、

民間の運営とは程遠い形が続きそうな感じ。

議員の「土日祝日など休日も動くのですか?」

という問いに、

「市の職員ですのでそれは・・・」

という答え。

何のために、誰のために社団法人化するのか?

スタートから観点がずれている気がして心配になりました。


その後の、

刃物ミュージアム回廊整備事業についても、

なんら具体的な策が講じられておらず、

プロポーザルで運営を任せるから・・・

といった丸投げ方針が透けて見えるような答弁内容でした。


刃物ミュージアム回廊整備事業については、

刃物組合、市役所、観光協会、

民間事業者と複数が絡み合っており、

権限、責任の所在などが不明確になりそう。

いまひとつ全体的な枠組みが把握できていないので、

今一度しっかりとした説明を希望したいと思っています。



話はインバウンドに戻りますが、

箱モノをつくったからといって常に人が呼べる訳ではありません。

今回の観光協会の設立趣旨、

「司令塔として観光事業を推進し、

関市の魅力を高め、産業経済の発展と地域文化の向上発展を

推進するために、今回観光協会を法人化します」


予算が潤沢にある訳でもない観光協会にて、

いったいどれ程の推進力になるのだろうか。

かえって家賃、人件費と費用が膨らむのではないか。

そんな心配もしてしまう。


いずれにせよ、

掲げる旗、目指す島が見えないまま船を漕ぎ出すのか?

誰がこのまちの観光における具体的なビジョンを指し示すのか?


もっともっと議会なり委員会なりで協議を重ねて頂きたいものです。


私たちとしても、

この点については世代を超えて意見を交えていく必要がありそうです。


店舗の改築計画も建設的な議論を積み重ねて参ります!



くらしをつくる。

関市の設計工務店 宮部建設

代表 宮部 英門


12/17/2016

美濃市注文住宅 松森の家2017 地鎮祭

美濃市注文住宅

松森の家2017

重量木骨の家(耐震構法SE構法)

耐震等級 最高等級3

長期優良住宅認定

上棟吉日の大安

10月に建築請負契約を賜りお打合せを重ねております、

美濃市Y様の地鎮祭を執り行いました。

Mk16121701


神官さんは地元の西部さんに依頼し、

滞りなく神事を執り行うことが出来ました。

いつもありがとうございます。

御礼申し上げます。


Y様ご家族、2人の小さなお子さまも

地鎮祭からご近隣への挨拶回りと、

寒いなかお疲れ様でございました。

新たな造成地ではありますが、

すぐに家が建ち並びそうですね。

一区画隔てた隣地で本日上棟を迎えていたのは、

なんと以前ご相談をいただいたことがあるご主人でした!

ご挨拶させていただき、しばし雑談を(笑)

お話しの中でも人と人とのつながりが分かり、

本当に不思議なご縁があるものだと感心いたしました。


数社の建築現場がひしめく場所となりますので、

他社に負けない美しい、事故のない現場にしなければいけませんね。


またまた気を引き締め、工事に当たって参りましょう。

Y様、本日は誠におめでとうございます。

今後ともよろしくお願い申し上げます。



人と家をつなぐ関市の工務店

設計工務店 宮部建設

代表 宮部 英門

12/15/2016

MONDO×イエイエ

岐阜市にある家具屋MONDO(モンド)さんへ

ウェブサイト MONDO

モンドでは良質な天然木を使い、

素材感を大切にした家具づくりを心掛けています。

「デザイン アンド クラフト」をキーワードに、

現代の日本の住環境に合ったシンプルで

タイムレスなデザインのオリジナル家具を展開し、

小さな工房で数人の家具職人の手によって製作しています。

大量生産では苦手な手仕事を感じることができる、

味のある家具づくりを目指しています。

(サイトより抜粋)


ここに来ると、いつも長居してしまう訳で・・・。


来年、お仕事をお手伝いさせていただくかも。

というお話しを賜り光栄です。


また、その他

MONDO×イエイエ

企みを実行しなければ!

という方向性で意見が一致いたしました(笑)


みなさまに喜んで頂ける仕事を。


この年末年始の宿題に。



人と家をつなぐ関市の工務店

設計工務店 宮部建設

代表 宮部 英門


 

12/13/2016

ブランドのはじめかた

昨日は、

トーヨーキッチン様にご招待いただき、

エイトブランディングデザイン代表 

西澤明洋さんの講演を拝聴いたしました。


先日参加した、

モダンリビング下田結花さんの講演と同じ、

トーヨーキッチン名古屋の天空のショールームにて。



実は私、

西澤さんの著書は数年前に購入し熟読しておりました。

それがこちら↓

Mk16121202

ブランドのはじめかた

ブランドのそだてかた


ブランディングとは何ぞや??

という状態から、

今日まで独学で迷い迷ってやってきましたが、

やはりプロのなかのプロ。

西澤さんの話は非常に分かりやすく伝えて頂き、

その重要性を再認識することができました。

なかでも、

混同しがちな「ブランディング」と「マーケティング」

その違いを明快に解説いただき、

しかも、

マネージメント、コンテンツ、コミュニケーション

において一慣性のある提案を組み立てる。

ポイント、ポイントの仕事をする

ブランディングに似た仕事は世に溢れていますが、

ここが大きな差異化。

西澤さんの強みであります。


色々と本当に為になる手法など

実例を交えて拝聴することができ大満足。


早速、何か真似が出来ないかと考えております。


講演後の質疑応答では、

来場者から

「自社でも依頼は可能でしょうか?」

という問いに対して、

「熱い想いがあれば大丈夫です」

という西澤さんの答え。


どんな手法よりも、

まずはトップの熱い想い、

志が立っていないといけないと。


こうした部分も、なんだかとても共感してしまいます。



良いものがあっても売れない時代。

伝え方が重要。


色々と勉強しなければいけないことばかり。


これもすべてお客様のためであり、地域のため。

みんながハッピーであるために、

日々成長を求めて参ります。


このたびは貴重な経験を与えて頂き、

トーヨーキッチン様に感謝申し上げます。

ありがとうございます。


Mk16121201



人と家をつなぐ関市の工務店

設計工務店 宮部建設

代表 宮部 英門





12/08/2016

京都の素敵な工務店 garDENさんを訪ねて

Mk16120901


前入りで大阪から京都へ移動


この日は朝早くから色々な実例物件を見て回り、

午後からは京都の元気な工務店『garDEN』さんへ。


田中社長の自宅兼モデルハウスを見せて頂き、

関西方面の工務店さんと意見交換会。

パッシブデザイン、断熱、床下エアコン、

現場のあんなこと、こんなことなどなど。

懇親会も含め色々なお話しを交えることができました。


Mk16120902


Mk16120903


Mk16120904

Mk16120905

敷地面積 255.11㎡

延床面積 139.12㎡

木造2階建て

UA値 「0.45w╱㎡k」

ηA値 「2」

C値 「0.6」


玄関のない家

という時点で田中社長らしさが全面にでた住まい。

アイランドプロファイルの3枚引き木製建具で

リビング空間とウッドデッキが繋がるなんとも開放的な住まい。

床下エアコンを設置し数か所をセンサーで定点観測しながら、

データを蓄積しPDCAを回す仕組み。

訪れた際は床下エアコンのみの運転ということでしたが、

じゅうぶんポカポカした印象でした。


弊社においても今まで以上に、

より高い温熱性能の向上を図りたいと検討していることろ。

本当に勉強になりました。



田中社長、ご家族の皆様、スタッフの皆様、

貴重なお時間を賜り心より感謝と御礼を申し上げます。

ありがとうござます。


とても刺激的な2日間、関西出張となりました。


もっともっと、やるべきことがたくさんあります。。



人と家をつなぐ関市の工務店

設計工務店 宮部建設

代表 宮部 英門



12/07/2016

良品計画前会長 松井忠三氏の講演

私どもが採用する『耐震構法SE構法』

の登録店勉強会に参加するため大阪へ

中之島のフェスティバルタワー37階にて

記念すべき第50回目となる登録施工店勉強会

そして、

良品計画 前会長の松井忠三氏をお招きしての記念講演。


危機的状況にあった無印良品を2年でV字回復させ、

過去最高売上を達成させた松井氏。

成果を上げる人と組織に共通する「考え方」とは?


約1時間半にわたり、

じっくりと拝聴することができました。

また、懇親会では

名刺交換だけではなく著書にサインも賜り感無量!

Mk16120907


やはり、これだけの規模の経営者ともなると

小手先のテクニック論よりも、

覚悟と行動、実行すること。

その継続の大切さを伝えられてみえるのかな。

そんな気持ちを抱きながらの短い時間。


SE構法を供給いただく㈱エヌシーエヌ様の経営にも

アドバイザー的立場で参画いただいている様でなんとも心強い。


これからの時代を生き抜く強い会社を目指し、

覚悟を持って信念を貫いて参ります。


今日もまた、勇気を与えて頂きました。

ありがとうございます。



人と家をつなぐ関市の工務店

設計工務店 宮部建設

代表 宮部 英門


12/05/2016

関市立倉知小学校 天才クイズの表彰へ

午前10時 関市立倉知小学校へ

先月20日に開催した『天才クイズ』の表彰を行うため、

倉知小学校の校長室を訪問


中濃法人会青年部の青年部会長である

関牛乳の吉田社長の補佐?にて


今回の天才クイズの優勝、準優勝、三位は、

なんと全員が倉知小学校の3年生。


昨年の租税教室の先生が良かったのか(笑)

(ちなみに来年の1月も私が担当させていただくことに)


いやー、子どもたちの前で話をするということは大変です。

今から緊張モード。。



さてさて、

吉田部会長より3人の児童に賞状を授与。

Mk16120503

三人とも、すごく喜んでくれました!

ありがとうございます♫


加藤校長先生におけれましても、

貴重なお時間を賜りありがとうございます。


みんな来年の天才クイズにも参加したい!

ということで、

ドンドン楽しんで税に関する興味や

関心が高まることを期待しております。


吉田先輩、お疲れ様でした。



人と家をつなぐ関市の工務店

設計工務店 宮部建設

代表 宮部 英門

関市薬膳レストラン 然の善

さて、今年に入って新たに取り組み始めた

ニュースレター 『イエイエ』

隔月の発行で、

年内第6号を無事に発送することが出来ました。

(第6号は少し遅れて本日の発送です。。。)



家づくりを検討されている皆様に、

少しでもお役に立つ情報をお届け出来たら。

私たち、設計工務店 宮部建設のことや

活動を少しでも知っていただけたら。

地域のこと、ここ関市のことを

多くの皆様に知っていただけたら。

という想いで発行を決意した訳ですが、

3点目の地域のことについては、

これまでなかなかお届できていませんでした。

本年の課題として来年に改善したいと考えております。


つきましては、

今回お送りしたニュースレター 『イエイエ』に、

関市の薬膳レストラン 然の善 さんをご紹介しております。

店主の川嶋さんとは、まちをよくしたい!と願う仲間(笑)

地域の皆様の健康を願い薬膳料理を提供してみえますので、

ぜひ一度お試しいただけると幸いに存じます。

Mk16120501

薬膳といっても、意識なく普通に食べられるメニューとなっています。

ご心配なく。


Mk16120502



然の善 関店 ウェブサイト

体に優しい、そして美味しいを実感してください。


この冬のお勧めは、

やわらか豚カツをのせたカレーパイコー麺!!!

ぜひ♫



人と家をつなぐ関市の工務店

設計工務店 宮部建設

代表 宮部 英門


12/03/2016

関市注文住宅 平屋の住まい 埋め込みコンセント

関市注文住宅 平屋の住まい

重量木骨の家(耐震構法SE構法)

耐震等級 最高等級3

長期優良住宅認定


先日の2.5年イエイク(家育)メンテナンス時にお聞きした、

キッチン隣の埋め込みコンセントの不具合について。

お休みのところお時間を賜り、

器具の交換作業を行いました。

作業はほんの数分。


その他、

外部の木張り部について浮きがありましたので、

真鍮釘打ちで浮きを抑える対策をご提案し作業の予定を。

ウッドデッキの一部表面にトゲというか引っ掛かる部分があるので、

こちらも併せて加工を施す旨お伝えを。


完成時には田や畑ばかりだった周囲も、

最近宅地造成が行われ9区画の分譲地が出現。

奥様に折り込みチラシを見せて頂きました。

(値段にもビックリ!!)


こちらの平屋は南に十分なスペースがあり、

日射を遮られる心配はありませんが、

すぐ西側に家が建つと窓から眺める景色が一変することでしょう。


これから家を建てられる皆様におかれましては、

ここに家は建たないだろうと近隣の状況を決めつけずに、

ある程度の配慮は検討しておくのが望ましいと思います。


Mk16120301





さぁ、

薪ストーブの出番はそろそろですね。

3シーズン目のアンコール。

羨ましいかぎりです。。




人と家をつなぐ関市の工務店

設計工務店 宮部建設

代表 宮部 英門




12/01/2016

関市議会 傍聴者の待遇改善を求めて

関市議会 傍聴席

いまだにペーパーレス化されない現状に、

早くも4回目となる陳情書を提出。

Mk16120101

議員がペーパーレスでアイパッドを使用しているのに、

傍聴席の市民は紙の資料という??な現状。

しかも議員は支給品。


議会条例や傍聴規約にも定められていない議員間のルール。

完全非公開の密室で決められていることに傍聴者は縛られている。

これって何なんでしょう?

とっても違和感を覚えるこのような現状なので、

なんとかしたいと働きかけを行っている次第です。


そんななか先輩より可児市議会が先進的な取り組みをしている。

という情報を頂きましたので、一度訪れてみようと思います。

確かに、議会専用のウェブサイトが存在します!

議会のトビラWEB


議員のルールは議員で決められている。

他の誰も口出しできない。

地方議会って何だかとっても変な感じで出来ています。

ある意味とても閉鎖的な場所なんです。

だから、政務調査費問題のような事象が出てくる。

外部監査的なものか、倫理規約のようなものが必要なんでしょう。


多くの自治体が実施しているから。

という受動的な考えではなく、

わがまち関市から先進的に改革していく。

という能動的な考えに。



私としては、

若者に興味関心をもってもらえる市政となるよう、

微細ながらに取り組んで参ります。


人と家をつなぐ関市の工務店

設計工務店 宮部建設

代表 宮部 英門

« November 2016 | Main | January 2017 »