May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 扶桑町の家 注文住宅 祝上棟 | Main | 拡大あるか?住宅取得の贈与非課税枠 »

11/02/2016

住宅のトラブル相談件数が増加

業界新聞の記事より、

住宅のトラブル相談件数が増加傾向にあるとのことです。

公益社団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センターによると、

2015年度の住宅相談と紛争処理については、

相談窓口に寄せられた電話相談件数が2万8638件と、

前年度より9.6%増加。

このうち、住宅の不具合といったトラブルに関する相談と

住宅の契約についてのトラブルについての相談が

7%増の1万9227件。

全体のうち新築・中古住宅などに関する相談は

11.6%増の1万8786件で、

リフォーム相談は5.9%増の9852件といずれも増加。


新築の戸建て住宅における不具合の内容は、

「ひび割れ」が最も多く、22.7%。

次いで「雨漏り」が16.3%。

リフォーム相談のうち戸建住宅での不具合トップは、

「雨漏り」で15.1%、

2位が「はがれ」で14.7%、

3位が「性能」で11.4%ということです。


「雨漏り」については、

施工における防水対策に問題があり雨水が侵入。

もしくは、もともと施工するうえで問題が生じるような

設計仕様になっている可能性も。

「ひび割れ」「はがれ」については具体的個所が記載されていませんが、

コンクリート関連の打設後の症状ということでしょうか。

コンクリートの表面に現われる

髪の毛の太さ程度のクラックに関しては、

劣化などに影響する範囲ではないので問題ないかと。


その他、外壁材のはがれ、ひび割れなどについては、

施工会社によって対応が異なってくる範囲ではないでしょうか。


「性能」についての相談も増えているようですが、

言えることは事前にお互いでしっかりと協議して

共通の認識を得ることが大切だと考えますし、

我々施工会社といたしましては、

お客様の住まいを末永く守ることを前提にして

仕事を進めていく必要があるということ。


とくに中古物件の改修においては

工事前に隠れている部分が存在することが現実であり、

進行に合わせてお互いに答えを導いていく作業が重要です。


こうしたトラブルを未然に防ぐためにも、

聞き覚えのない会社であったり

そうした訪問営業の話に即決せず、

地域の会社に相談されることをお勧めします。


ここ関市、岐阜市近辺でしたら即ご対応可能ですので、

迷わずお気軽にご相談ください。


外壁塗り替え工事においても

トラブルのもとになることがあるようです。↓

関市の三輪塗装さんのブログより

「一戸建ての外壁 いまなら100万円値引きします」

ご参考までにご紹介させていただきます。



くらしをつくる。

設計工務店 宮部建設

代表 宮部 英門


« 扶桑町の家 注文住宅 祝上棟 | Main | 拡大あるか?住宅取得の贈与非課税枠 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事