September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 夕刻の水浴び | Main | スキップフロアで繋がる住まい »

08/20/2016

実際のスケール感をつかむ。

今日、明日、

江南市 たたみリビングのある平屋

耐震構法SE構法(重量木骨の家)

耐震等級 最高等級「3」

長期優良住宅認定住宅


第2弾の完成見学会を開催いたしております。

もの凄い暑さのなか、

ご来場賜りました皆様、誠にありがとうございます。


さて、今回の平屋も色々とこだわりを詰め込んだ

オーダー住宅となっておりますが、

ご来場者様が特に興味を持たれる部分といたしまして、

平屋+勾配天井ならではの高い天井高が挙げられます。


通常の一般住宅(2階建て)であれば2300~2400㎜の天井高。

TVCMで高い高いと謳う○イワハウスの天井高で2720㎜。


こちらのお住まい、

リビング空間の天井高は一番高いところで3800㎜ほど。

冷暖房の効率を考えるとこれ以上という訳にもいかないので、

一般住宅として開放的な天井高を望まれるのであれば

この位が現実的なスケールではないでしょうか。


天井の高いLDK。

窓を効果的に用いて借景まで取り込めれば最高です。


住宅メーカー数あれど、天井高は決まってる。


というのが現状です。


色々なスペースのデザインや素材を見ることも大事ですが、

「タテ」「ヨコ」の空間についても意識していただくと、

住宅見学会が一層おもしろくなるはず。


なぜこうしてあるのか?


理由を尋ねてみてください。


Mk16080503


Mk16072301

Mkkt04

Mkkk07



くらしをつくる。

設計工務店 宮部建設

代表 宮部 英門


SUUMO岐阜県工務店ランキング

第3位を受賞中!!!


« 夕刻の水浴び | Main | スキップフロアで繋がる住まい »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事