May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« こんなことも、あんなことも、どんなことも | Main | アフター点検 (イエイク・家育) »

07/26/2016

目の前の豊雄

いまや建築界で知らない人はいないであろう、

建築家 伊東豊雄氏

(伊東豊雄建築設計事務所ウェブサイト)


この辺りでは、

岐阜市の図書館

メディアコスモスの設計を手懸けた建築家、

という方がよいでしょうか。



そのメジャーな建築家が、

なんと、なんと、

ここ関市にやって参りました!

しかも本社のずいぶんと近くの町工場に。


関の工場参観日

特別企画


Mk16072501

Mk16072502


↑写真

手前は、質問をするNPO法人ぶうめらんの代表 北村くん

奥のピンク色の服を着て座っているのが、

伊東氏であります。



東日本大震災、熊本地震などの被災地、

仮設住宅エリアにおける人と人とのつながりを、

「みんなの家」という形で補っている話や、

都会から地方への人の移動の流れを

「建築」という手法で試みているお話し。

質疑応答の際には、

「ぜんぜんできていないんだよ」

という本音の部分がとても親近感を覚えた次第です。



住まいも、

建築によって様々な形を作り出すことができ、

建築によってある程度はその暮らし方をコントロールできる。

といっても過言ではないでしょう。

人を集めたり、留めたり、流れを作り出したり。

あらためて建築は面白い。


そのうえで、

こうしたコンセプトを現場で形にする人達。

職人さんに視線を向けた話もお聞きしたかった。


とにもかくにも、

関市でこのような発想の時間と場が創出できたことは財産。

今後がとても楽しみになりました。


さぁ、みなさま。

8月は関の工場参観日へ!!



くらしをつくる。

設計工務店 宮部建設

代表 宮部 英門


« こんなことも、あんなことも、どんなことも | Main | アフター点検 (イエイク・家育) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事