October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 熊本地震とSE構法の状況について その① | Main | 熊本地震とSE構法の状況について その③ »

06/07/2016

熊本地震とSE構法の状況について その②

■熊本地震による被害原因

熊本地震では震度7の地震動を繰り返し受けることにより、

前震(震度7)で耐えるも、本震(震度7)で

倒壊が多数多発したと報告されています。


前震の揺れで筋交いが座屈したり、

ホールダウン金物が破断するなどの被害を受けており、

本震時に倒壊に至ったことが原因とされています。


工学院大学名誉教授 宮澤健二氏の調査により、

「接合部が粘るより先に、筋交い材が破壊するのは危ない壊れ方だ。」

と指摘されています。


また、東京都市大学教授 大橋好光氏は、

「筋交いは、座屈や端部金物の引張りで壊れるが、

合板などと比べると粘りが小さい。

筋交いが緩んで周期が伸びたところに2回目の大きな地震動を受け、

もろさもあって耐えられなかったようだ。

合板を組み合わせるなどして粘り強さのある耐力壁がつかわれていたなら、

違った結果になった可能性もある。」

と説明されています。



日経ホームビルダー2016年6月号では、

25kNのホールダウン金物にアンカーボルトが切れて

倒壊に至った事例などが報道されています。

その原因として、建物の重量が考慮されていない

壁量計算の可能性が指摘されています。


こうした報道からも次の3点が重要であることがわかります。

①建物重量の考慮された構造計算

②基礎との接合強度

③柱梁の接合強度と耐力壁(筋交い)


SE構法では、許容応力度計算、SE金物による接合、

JAS特類1級構造用合板の採用により安全性を高めています。




くらしをつくる。

設計工務店 宮部建設

代表 宮部 英門


SUUMO岐阜県工務店ランキング

第3位を受賞中!!!


« 熊本地震とSE構法の状況について その① | Main | 熊本地震とSE構法の状況について その③ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事