July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« February 2014 | Main | April 2014 »

March 2014

03/30/2014

三月最後の週末

昨日は、新たに購入した社用車の納車に始まり、

LIXIL名古屋ショールームで新たなプロジェクトK様のお打合せ、

愛知県清須市I様邸の現場確認と、

岐阜に戻る頃には21時をまわっておりました。


I様邸では偶然お施主様も立ち寄って頂き緊急のMTG。

大工さんも交えながら色々なお話ができました。

I様、お仕事帰りお疲れのところ誠にありがとうございました。


現場を回り感じることは、

もっともっとという改善のヒントがいっぱい落ちているということ。

本当にありがたいことです。

お客様から求められ必要とされる企業となるため、

人材力、現場力、商品力などを追及して参ります。


さて本日は名古屋市名東区での新たなプロジェクトK様邸の解体お祓い。

生憎の天気となりましたが、荷物を送りだした愛着あるお住まい内での神事。

是から始まる新しい行いに対して動きを加える。

留まることなく流れをもたらす雨というものは縁起がいい。

と、いつも私は思っています。

桜のつぼみが花開けば、

それは別れと出会いの季節。

お父様が建てられ長年生活を営んできた住まい。

様々な思い出が多く詰まってる事でしょう。

建替えに伴う解体はいつも寂しく悲しい気持ちですが、

新たなスタート。

これから皆様が安全に快適に暮らすことのできる住みかを構築するため、

解体の後、地盤工事、基礎工事へと移って参ります。

皆様のお気持ちに背く事の無きよう、

精一杯努めさせて頂きます。

03/24/2014

完成見学会開催のご案内4/19-4/20

【フルオーダー住宅 四季を楽しむ大地の家】
完成見学会開催のご案内
【開催日時】4月19日(土)・20日(日)

午前の部 9時~12時 ・ 午後の部 2時~5時
[会場:関市倉知某所 マーゴより車で5分ほど]


・お施主様のご厚意で、ご入居前の邸宅を見学させていただきます。
・ご予約の方を優先してご案内させて頂きますので予めご了承ください。...

・スタッフの案内にてご見学をご希望の場合は必ず事前予約をお願いたします。
◎ご予約はFBもしくはHPお問い合わせフォーム、またはお電話にてお願い致します。詳細についてご連絡させて頂きます。

【データ・概要】
・場所:岐阜県関市倉知
・用途地域:第1種中高層住居専用地域
・建 蔽 率 :60%
・容 積 率 :200%
・建物構造 :SE構法(重量木骨の家) 2階建
・建物面積 :1階117.09㎡(35.42坪) 2階28.98㎡(8.76坪) 延床146.07㎡(44.18坪)
・一般公開、参加費無料
・ご来場頂いた方の中から抽選で素敵なプレゼントを贈呈いたします。

【設計士より】
東西に長い大きな敷地を思いっきり楽しむ平屋。SE構法の採用で、壁が少ないうえに大きな開口部の窓を設けたり、勾配天井によりLDKを光の射し込む開放的な空間にしたり、行き止まりの無い回遊プランにしたりと魅力いっぱい、こだわり満載なお住まいとなっております。

【建築の特徴解説】
・バイクも置ける 広い玄関土間と収納スペース
・庭とつながり光と風を導く大開口サッシの採用
・開放的な天井高のLDK空間
・バーカウンターテイストを盛り込んだキッチン空間
・抜群の収納力をほこるキッチン隣のパントリー
・中庭コートにつながる癒しの浴室空間
・階段の踊り場を活用したデスクスペース
・動く?たたみスペース
・充実の書斎スペース
・などなど

Mkib1404192001

03/20/2014

挨拶に真心をこめる

先日、ココ壱創業者 宗次徳二さんの講演を拝聴し

購入した日めくりカレンダー。

毎朝めくって言葉を読み上げる訳ですが、

なるほどど噛みしめる言葉ばかり。


19日 挨拶に真心をこめる

挨拶とは、人と人とが互いに認めあう行為であり、

人間関係の潤滑油ともいうべきものです。

笑顔で、声のトーンお上げ、元気よく挨拶すれば、

どんな人にも好印象を与えることができます。

とりわけ経営者は、

誰よりも真心のこもった挨拶ができなければなりません。



日々、周囲に感謝することばかり。

大きな声で元気よく心のこもった挨拶をしなければ。



03/10/2014

宮城県南三陸町&福島県いわき市へ

この週末、青年会議所の仲間2人と共に

東北被災地を訪れてきました。


震災後からボランティアで数度訪れた宮城県南三陸町

ホテル観洋のある海側の地域


さんさん商店街のある志津川の民宿で1泊


復旧・復興が一歩づつ進んでいる様子を、

表面的ながらも身に感じながら、

はや三年、まだ三年という被災者の皆様の気持ちを

どれほど察することができるのかと自問自答しながらも、

今年もこの地にやってきました。


この私に出来ることは、

風化することを少しでも防ぎ、

被災地に皆様より想いを寄せ続けて頂けるよう努力をすること。


まちも、住み暮らす人たちも、

悲しみを超えて一歩づつ歩みを進めています。


三年が経ち報道も減っていくことでしょう。

皆様の日常から益々遠く離れていくことでしょう。

しかし、

ここには未だに避難生活を余儀なくされている方たちが数多くいます。

心を寄せなければ。


2年前に訪れたさんさん商店街の店主さん、

私たちを温かく迎えて頂きました。


海の幸を贅沢に盛り付けたキラキラ丼、

美味しかった。


海と共にある町。

皆さん力強い。



翌日9日は、

福島第一原子力発電所から南に約60キロ程のところにある

福島県いわき市へ。


日本青年会議所の主催する復興フォーラムに出席。(明星大学にて)


来賓には地元出身である

内閣府特命大臣の森まさこ議員。

いわき市の清水敏男市長。(青年会議所のOB)


ビデオレターでは、安部総理大臣からのメッセージも。


パネルディスカションでは、

ジャーナリストの櫻井よしこさん

衆議院議員で横須賀青年会議所のメンバーでもある小泉進次郎さん、

NPO法人ハッピーロードネットの西本由美子さんらが

この福島ならではの震災の傷跡、課題、そして未来について語りました。


3.11、他の被災地とは明らかに異なる点、

それは原子力発電所の事故です。


震災発生以降、政府のまずい対応、

放射能に対する国民の知識不足もあり、

現地では20ミリシーベルトの風評被害に苦しんでいるようです。


何処までが安全で、何処からが危険なのか。

しっかりとした知識、見識、過去の実例を基にした議論が必要とのこと。


私としては特に小泉進次郎さんの言葉が強く印象に残ったのですが、

現在マスコミで騒がれているのは事故があった福島第一原発。

しかし、福島県にはもう一つ、福島第二原発が存在します。(1,2,3,4号機)

第一原発は全てを廃炉にする方針が打ち出されていますが、

この第二原発についてはその方向性が決定していません。


進次郎さんいわく、

この第二原発も廃炉することを一刻も早く決め、

福島県から原発を無くす、原子力依存から脱却した自治体運営を目指す。


脱原発のトップランナーとして福島から始めるんだ。

その決断を下すべきだと発言されていました。


今後は再生エネルギーの研究所も福島県に設置され、

日本の、世界の再生エネルギーの先端技術が

この福島から生まれて行きます。


いまの子どもたちが大人になって、

これまで造ってきた原発の廃炉作業に携わっていくんです。


なるほど、この福島から。

脱原発、脱原発依存が動きだす。

とてもいい方向性だと納得致しました。


国も、景気回復の為の再生エネルギー投資ではなく、

本腰をいれてこの被爆国のエネルギー政策を考える時。

外交問題、先端技術力の維持、開発促進も含め。


震災発生から三ヵ年で計画された日本青年会議所の復興フォーラム。

話も出ていましたが、ぜひ今後も続けて欲しいものです。


東北に本当の笑顔が戻るまで。


私自身今回はこれまでと異なり、

被災地では何だか落ち着いて過ごすことができました。

それは、被災地の空気が少し変わったからなのかもしれません。

「生活」の臭いを感じることが出来たからなのかもしれません。


震災から三年。

いまも家に帰れない、故郷に帰れない人たちがいる。

そのことだけでも頭の何処かに留めて、

日々を送らないとけない。


今回お世話になりました民宿の「下道荘」さん。

ありがとうございました。

写真は9日朝、宿から見た志津川湾の様子です。

20140309minamisannriku

03/06/2014

出会いの季節

本日は24節気の『啓蟄』です。

陽気に誘われ土の中の虫たちが動き出すころ。

日と雨ごとに春を感じる今日この頃。


と、ここにきて寒気が日本列島を覆っています。

皆様、体調管理の程くれぐれもお気をつけください。



さて、私は明日より大移動の旅が始まります。

午前中は京都に出掛け打ち合わせと総会への出席。

関市に戻り夕刻からは

Qちゃんこと高橋尚子さんのお父様であられる

高橋良明氏の講演会に参加。

その後、身支度を整え一路宮城県は南三陸町へ向かいます。

早いもので震災から3年が経とうとしています。

毎年被災地へ出かけている訳ですが、

今年もまた慰霊と復興支援の旅に行って参ります。



被災地に一日も早い真の春が来ることを祈って。

03/05/2014

長期固定金利が最低水準に

住宅金融支援機構は4日、327の金融機関と連携した

長期固定金利の住宅ローン「フラット35」の3月の適用金利を発表。

返済期間が21年以上35年以下(融資率最大9割)は

1.74~2.40%(前月1.79~2.50%)で2カ月連続で低下。

15年以上20年以下(融資率最大9割)は1.48~2.14%(前月1.53~2.24%)で

3カ月ぶりに下がった。


いずれも、融資を始めた2003年10月以来の最低を更新とのこと。

最も多くの金融機関が3月に適用する金利は、

21年以上35年以下が1.74%、15年以上20年以下が1.48%。




以上、取り急ぎニュースのご報告まで。




« February 2014 | Main | April 2014 »