May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« October 2013 | Main | December 2013 »

November 2013

11/18/2013

マニフェスト検証会開催のご案内

本日は、

私が所属し活動している「まちづくり協議会」にて開催されます

『関市長マニフェスト検証会』についてのご案内です。


前回の関市市長選挙から2年。

尾関市長になって、私たちのまちは何が変わったのか。

変わろうとしているのか。

尾関市長の目指す日本一しあわせなまちの姿を、

市民の皆様と共に考察したいと考えております。


【開催日時】平成25年11月28日(木)

        受付19時より。開会19時30分より。閉会21時。

【開催会場】関市わかくさプラザ多目的ホール

【定 員】一般公開。定員350名。参加費無料。

【ゲスト】関市長 尾関 健治 氏

皆様、お気軽にご来場ください。


また、マニフェストについてのアンケートも実施しています。

こちらも併せましてご協力ください。↓

 

http://goo.gl/89r5wh

 

Machikyou112801

11/12/2013

ものづくりのまち、関。

本日は一日各方面へバタバタと。

朝一は、関の刃物直売センター

「刃物屋 三秀」の吉田先輩を訪ねる。

先週、東海テレビ「スタイルプラス」

東海仕事人列伝で紹介された、

関市の関鍛冶職人 後藤益美さん。

その後藤さんのつくる包丁

「黒打菜切包丁」を購入。

Mkkh111201


男子厨房に立つ。

地元関市にみえる82歳の鍛冶職人さんが

精魂込めてつくった青鋼の包丁。

まさに一生もの。

大切に末永く使いたいと思います。


その後は、

島田社長を訪ね

関市にある杉山製作所様へ。


島田社長はバイタリティのある女性社長。

お話をしていると自然に元気を頂きます。

今回は気になる家具がありいろいろご相談を♪

Mkss111202


とっても素敵なソファー。

国産 メイド・イン・セキ。


詳細はまだ秘密にしておきます♪





後藤さんのつくる包丁も、

島田社長のつくる家具も、

「鉄」という素材からできている。

このまちには、

「鍛錬」という汗が大地に沁み込んでいます。

「ハンドメイド」

私たちが家づくりで最も大切にしていること。

自然と心を引き寄せられます。



午後からは、

アウトストラーダ様へお礼のご挨拶に。

Mk102902


整備のために並ぶ高級スポーツカー。

ここにも、ものづくりにこだわる人々が。

それにしても、

ランボルギーニのデザインは断トツに突き刺さります。

渡邉さん、いつかお世話になりますね♪



つくり手の魂が宿るものを末永く使う。

容易に使い捨てない。

自分色に染まり、人生に馴染む。

そんなものづくりをしていきたいものです。



ここ関市は、ものづくりのまち。

知らないだけで、

自分の近くでビックリするものがつくられている。

魅力的なまち、関市です。



11/10/2013

冬の訪れとともに

立冬を迎え暦の上では冬へと移り変りました。

早いもので今年も残すところ51日。

いろいろなご縁を頂き、

今日も仕事に励むことが出来ます。

こうした日常に感謝の念が絶えません。


時代は豊かになり、

ありとあらゆるものが溢れている。

それなのに、

多様化する個々のニーズに適する住まいというものは、

まだまだ市場に数少ないと感じています。

住まいに関して、

何故ここまで選択肢が限られるのでしょうか。

着る服を選ぶように、

靴を選ぶように、

アクセサリーを選ぶように、

住まいにももっと「選択」を与えたい。


私たち住宅業界に身を置く者として、

お客様にこうした満足度を感じて頂く事こそ、

重点的に取り組まなければいけない課題。



いま、飛び立つ時。



皆様の為に。

11/07/2013

木が見える耐火木造の商業建築物

横浜市営地下鉄のセンター南駅前に開業した商業施設「サウスウッド」。

木材を「現し」で使う耐火木造と、鉄筋コンクリート(RC)造との混構造。

竹中工務店が開発した耐火集成材「燃エンウッド」を使用した第2号プロジェクトで、

商業施設としては初となる。

Thumb_500_2_r


以前も記事にしましたが、

森と共に生きる関市であれば、

このように大規模建築物の木造化を本気で考えて欲しいと願います。


建物であり、ましてや公共、商業建築物であればなおのこと

火災に関して慎重になる必要がありますが、

関市のように広い土地が確保できるのであれば、

平屋やせいぜい2階建てでの計画で充分。


現在では、鉄骨で建築する方が安いのかもしれませんが、

木造から生まれる様々な価値にコストを掛ける時代になったのでは。



そして一番肝心な事は、

「木造は地震に弱いのでは」というイメージを切り替えることです。

集成材を用いた今の木造建築の技術力は昔に比べ高いレベルに到達しています。

様々な危機管理、想定を前提に、

チャレンジしていくことが大切ではないでしょうか。

参考記事:日経アーキテクチュア




11/05/2013

振り込め詐欺の前兆電話にご注意を!

本日、郡上市内において、

警察官や銀行協会を名乗る

振り込め詐欺の前兆電話が多発しています。


関市でも同様の前兆電話があると考えされますので、

皆様ご注意ください!



関警察署の案内より。

« October 2013 | Main | December 2013 »