November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« August 2013 | Main | October 2013 »

September 2013

09/27/2013

いよいよ、高台の家 完成見学会

ここまで色々な想いが詰め込まれてきた高台の家、

いよいよ来週末に完成見学会を開催いたします。


本社のある関市ではなかなか完成物件をご披露できていませんでしたが、

この度は関市民の皆様にご覧いただく良い機会となりそうです。


運動会の合い間にでも遊びに来て頂けると嬉しい限りです♪



8i5a3175

8i5a3170

空を眺める高台の家 完成見学会

10月5日(土)・6日(日)

午前10時~17時まで

【会場】岐阜県関市桜台4丁目

関市立桜ケ丘中学校の東

桜台を南北に通る道路沿いです。

のぼりが目印!

※駐車場に限りがございますので、

係の指示に従って駐車をお願いたします。



国土交通省平成24年度地域住宅ブランド化事業採択物件

工法は、SE構法を採用し耐震等級は最高の「3」を取得

断熱材は、屋根と壁にセルロースファイバーを充填

暖冷房の年間ランニングコストは温熱性能予測により算出

次世代省エネルギー基準を大幅に上回る性能となっています

会場では、セルロースファイバーの特色でもある防音性について

体感いただける実験キットも設置いたします


様々な素材を愉しむことができるオーダーハウス


是非この機会にご来場ください。

スタッフ一同心よりお待ち致しております♪

リシャール ボックス

こういう世界もあります♪

20130926_160002


20130926_155153



20130926_155239


【リシャール ボックス】

パトリック・リシャールの製作するアート作品。

シャドーボックスと呼ばれる箱の中に様々な世界観を立体的に表現。

一見の価値あり!です。


只今、名古屋松坂屋北館2階にて展示しています。






09/16/2013

決して使い捨てない、木の住まい

台風の動きを気にしながら、

2日間に亘った完成見学会も無事に終了。

遠方よりお越しいただきました皆様に、

改めまして御礼と感謝を申し上げます。


手仕事で丁寧に丹精込めて造り上げられた木の住まい。

各所から伝わる温もりと安らぎ。


注文住宅だからこそ表現することのできる空間。



ご家族の成長と共に味わいを増す木々たち。


素敵な住まいが完成いたしました。

感謝、感謝、感謝です。


R0013408


R0013388




09/12/2013

建物の竜巻被害

9月2日に発生した竜巻によって、

埼玉県越谷市や松伏町、

千葉県野田市で住宅が倒壊するなどの被害が出ました。

気象庁の発表によると、

推測される突風の強さは藤田スケールで「F2」

約7秒間の平均風速で50~69m/s

「F2」の突風は、

建築基準法の壁量規定で想定されている風を風速で上回り、

風圧力では1.5倍強になるといいます。

そのため耐震性の低い建物だけではなく、

基準法の性能レベルの建物であっても風の条件によっては

被害を受ける可能性があるということになります。

Tatumakihigai01

現地を見た建築士によると、

構造に関わる木造住宅の被害は、

屋根・小屋組みが破壊し飛散したケースに加え、

基礎・土台が残って上部構造が倒壊したケースも目立つということ。

また、飛散物で窓ガラスが割られて室内に風が侵入したため、

強い吹上げが作用して内部から屋根をはがされた建物が多いとのこと。



竜巻が発生しやすい平野部などの地域にお住まいの方は、

構造部の強化、屋根面の強化、そして、雨戸などを設けて室内に

風が入り込まないような対策をとることも必要ではないでしょうか。


建物に関しては火災保険が適用されることでしょうが、

家内の動産に関しては其々の契約内容で状況が異なります。


こうした事象を機会に、家族を守る、命を守る

多角的な防災対策の見直しをおこなってはどうでしょう。



そして、私は大丈夫。と将来に起こる天災をみくびるのではなく、

記録的な災害が頻発する現在において、

一歩先の準備、心構えをしておくことが良いのではないでしょうか。


歴史を見れば建築基準法は後追いの基準。

現状の基準で満足していては、家族の命を守れません。


一歩も二歩も先を行く基準。

天災への備えに100点満点はないのですから。



地球の天候変動。

意識しないとこれから大変なことになりそうです。


09/09/2013

東京オリンピック 2020

2020年、東京での開催が決定!

私も一人車中で大声を上げました。。

是非子供を連れて家族で観戦したいと思っています♪


そして新しい国立競技場、

約8万人を収容

総工事費は1,300億円

コンペで最優秀賞を得た、

ザハ・ハディド・アーキテクトによるデザイン監修

Thumb_500_z01

東京招致は成功した

次は、福島第一原発事故の一刻も早い終息

華やかなものに注目が集まる一方、

その反面に目を向けなければいけない


現実を直視する


ザリガニ

ザリガニ10匹獲ってきた!



泥沼でビーサン無くして家に帰り、

母によく叱られたもんです

あんな汚くて危ないところに行っちゃだめだと


何回怒られても獲りに行ったんですよね

あの頃は、、

あの気持ち、ホント大事ですよね



好奇心が沸き上がってくる

羨ましい

羨ましいよ



おじさん、もっともっと本能を呼び起こさないといけないな!



白露 ~はくろ~

見上げる空

季節は夏から秋に移り変わろうとしている

猛暑続きで「記録的」という言葉が軽々しくも感じた今年

なんだかんだ言ってこの国には四季が継続している


昨日は、今年の1月12日に出会ったY様ご夫妻の地鎮祭

降っていた雨も上がり清らかな空の下

工事の安全と皆様のご健勝とご多幸を祈り無事終了


自然に囲まれた静かで素敵なロケーションの敷地

ここで何度となく四季の移り変わりを見届けて行く

暮らしを愉しむ大きな平屋


その完成とご家族の皆様の暮らしが楽しみです

私たちは技術で、しっかりとお応えしなければ



今後ともよろしくお願い申し上げます



09/05/2013

鍛錬の火花に歓声!

昨日の記事、

岐阜新聞さんに掲載されてました!

13090501

迫力あります♪





09/03/2013

刀匠 第26代藤原兼房さんによる実演

一昨日の9月1日(日)

所属する地元青年会議所にて、

刀鍛冶鍛錬実演、居合実演、はさみの刷り合わせ、包丁研ぎなど、

地場産業である刃物についての理解を深め誇りを抱いて頂こうとイベントを開催。

時おり激しい雨も降るなか、約150名の皆様にご参加頂きました。

本年度から青年会議所メンバーでもある刀匠、第26代藤原兼房さんも鍛錬の実演を。


刃物の生産は分業制で様々な職人さんが存在します。

まちを歩くと社長にぶつかる。

なんていう言葉があるくらい、この分業制により関市には多くの事業所が在ります。

刀やナイフはコレクター、はさみは美容バサミ(プロ用)、

包丁は一般家庭用を主に生産されています。

その他、大手として貝印やフェザーも工場を構えます。


関市民として、伝統ある刃物に誇りを持つ。

他を知らないとなかなか実感が湧きませんが、

ニュータウンなどのまちではこうした伝統、地場産業などは存在しません。

そして、そこに関わる人々の生活習慣なども。

私たちのまち関市には、全国的に見ても大変に貴重な伝統文化が存在してることを、改めて実感することとなりました。


「相槌を打つ」

「鎬(しのぎ)を削る」

「鍔(つば)迫り合い」

などは刀剣からきている用語。


刃物とは、古くからこうして意外と身近にある、一般的なものなんですね。

一日、よい勉強となりました。


13090102

« August 2013 | Main | October 2013 »