November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« April 2013 | Main | June 2013 »

May 2013

05/28/2013

負けられない戦いがそこにはある。

生命のエネルギーが漲り、

心地よい安心感に満ち溢れ、

過去も未来も超越した時を刻んでいる。


無事の上棟、お疲れさまでした。



ありがとうございます。感謝、感謝、感謝♪


Sdim4389

Sdim4401

Sdim4453

Sdim4471










05/22/2013

木造大規模建築の動き

先日のNHKクローズアップ現代でも放送

『木造大規模建築』


戦後木造での大規模建築は法律上禁止されていましたが、

近年林業振興政策の方向転換によりここの規制が緩和されました。


全国各地で近く竣工するであろう木造大規模建築物


まさに日本の公共建築が変わろうとしています。

当然、公共だけに限ったことではありませんが。。



私の住む街は岐阜県という山林に囲まれたまち。


もっともっと大規模木造建築が増えることを強く望んでいます。



一般住宅も、これを機にグレーゾーンからの脱却、

「構造計算」を重視する建築に切り替わる?


20130521_183028


20130521_182959

建築業界紙『建築知識』

今月6月号にも木造大規模建築に関する特集が。


弊社の採用する『SE構法』も、

木造大規模建築を可能にする工法として取り上げられていました。






05/21/2013

小満(しょうまん)

本日は24節気の『小満』。

「小満」とは、

秋に蒔いた麦などの穂がつく頃で、

ほっと一安心(少し満足)すると言う意味だそう。


農耕民族である日本人、

自然と共に生きていたという本質に迫る言葉に思えます。


草木も、花々も、虫も鳥も獣も全ての生命力が満ち満ちていく。


活力を与えて頂けるエネルギーの大きな時期。

大きな元気玉を造り益々邁進していきたいものです。



朝晩の気温差が激しくなっています。

皆様におかれましては、

くれぐれもお体ご自愛くださいますよう心より祈願いたしております。

05/18/2013

SE構法の工場見学会を開催

18日(土)午後より

岐阜県美濃加茂市のセブン工業様にて、

SE構法のプレカットライン見学及び建て方体験などイベントを開催致しました。


20130518_141645


20130518_150723


参加された皆様は真剣そのもの。

家族を護るための構造というものに、

熱心に関心を寄せてみえました。


私自身、何度も工場に訪れていますが、

来るたびにSE構法の構造に対する信頼が高まります。



地域の工務店でも大手HMに劣らない木造住宅を建築できる。


この真実を多くの皆様に広く知って頂かなければ!




ご参加頂きました皆様、誠にありがとうございます♪

05/03/2013

憲法について

本日は青年会議所の岐阜ブロック協議会が主催した

憲法タウンミーティングに参加してきました


世間的に、「憲法」と口にするだけで

この人はちょっと変わった人?

なんて思われる風潮が未だにあるのかもしれませんが、

その制定の歴史的経緯や

その時々の政権の解釈でばらつき矛盾だらけの現行憲法


私自身の考えを先に述べれば、

日本という国家のなかで

日本国民による日本国民の為の憲法を制定したいと考えます

96条だ、9条だ、非常事態宣言だなどというのはその次かと


しかし、皆様ご存知の通り

現状、憲法を議論する土壌が整っているのでしょうか

私はそうは思えません


もっともっと有権者の関心、意識を高めた後に

新たに制定するべきだと


この夏の参議院選挙の争点に96条があるという報道


アベノミクスはどこへやら。。


私たちの目の前には、

子育て、教育、介助介護、年金、社会保障、雇用、などなど

もっと身近な問題が山積し一刻も早い解決を望んでいるのに


現政権、なぜそこまで憲法改正に急ぐのか

なんだか経済と戦争の繋がりを感じてしまう



アメリカからの強い要望も何かしらあるのかもしれませんね



兎にも角にも私たちは、

次の世代に平和な日本を残さなければいけない



もっともっと国民と共に歩む

慎重な議論を望みます!

05/01/2013

日本一

R0013154


3776

日本一高い山 富士山

世界遺産への登録という報道が流れている


今思えば、

2010年と2012年に登っておいて良かった・・・と



日本で二番目に高い山は?



一番でなければ皆様に知ってもらうことは困難


北岳には申し訳ないですが



いつまでも美しく神秘的な山であって欲しい




ちなみにこちらは机の上の富士山

菅原工芸硝子の富士山グラス

お客様に頂いた黒さそりと共に

R0013152






« April 2013 | Main | June 2013 »