May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« March 2013 | Main | May 2013 »

April 2013

04/29/2013

豊かさよりも大切なもの

つい先日、ここのところ気になっていたものを

ショールームに立ち寄って見てきました

それは、CITROEN の DS5 

買う、買わないではなく、

その革新的なコンセプトに魅了されたというか、

いかにもフランス車らしい部分や

各所にこだわる

ハンドメイド感に胸を撃ち抜かれました


世界に未だかつてないデザイン

本当にやられました

面白い車です


日本であれば、この位割り切っていても

日常そう困る事はないのかもしれません

家族5人でも、ドライバーが毎日を楽しめる車

そうはありません


何もかもではなく、

これ位エッジが効いているから面白いのでしょう


私たちの家づくりにも

非常に参考になる1台の車

CITROENのDSラインというプロダクト



私が大切にしたいのは、

豊かさではなく個性である

そう、個性


Ds52013

04/10/2013

遺体 明日への十日間

先日ナイトショーにて、

『遺体 明日への十日間』を観てきました


2011年3月11日

津波の被害を受けた岩手県釜石市

旧釜石第二中学校の体育館が舞台


廃校だった学校の体育館が遺体安置所として使われることになり、

閉鎖される2ヵ月後の5月18日までを描いています


決してニュースなどでは報道することのない、

伝えきれなかった震災の真実


逃げることなく目の前の事実に向き合った人々




ボランティアなど僅かながらに被災地に想いを寄せる、

いや、寄せていたつもりでしたが、

ことの重大さを認識しているつもりでしたが、

映画を観て自身の小ささに恥ずかしくなりました



この世に絶対なんてない

生と死をもっともっと意識しないといけない



もし自分があの場にいたとしたら、

何をしていたのだろうか

逃げてはいなかっただろうか




今出来ること、

それは決して風化させてはいけない

その為の行動だと考えます


映画「遺体 明日への十日間」 公式サイト



皆様ぜひご覧ください

04/09/2013

せきははもののまち

4月7日(土)午前中

関青年会議所の4月例会に出席

今回は、

愛するまち関市の誇りでもある刃物についての学びを深める

メンバーでもある

長谷川刃物㈱ 長谷川社長とその社員さん、

本年度の新入会員でもある

第26代藤原兼房 刀匠の加藤君にご協力いただきまして、

①包丁研ぎ

②鋏の刷り合わせ

③刀について

関市の刃物産業の現状なども踏まえ勉強致しました


2013040601_2

2013040603

2013040602

包丁研ぎは、家庭から包丁を2本持ち出しての作業

長谷川社長に直接ご指導いただき、

研ぎの力の入れ方など大変勉強になりました


ちなみに家に帰って妻に切れ味を聞いてみると、

・・・

私の研ぎが甘かったようです(反省)

包丁の研ぎ方などはネットに多く出ていますので、

皆様も参考に実践してみては如何でしょうか


今お使いの包丁、末永く使う事が出来るはずです!



続いては鋏の刷り合わせ作業

鋏の製造工程における最終的な切れ味はこの工程で決まってくるそう

熟練の職人さんが手仕事で仕上げています

どれだけ機械化が進んでも、

鋏製造の最終工程は人の手でないと完成しない

鋏という製品の面白さを強く感じる部分です


それにしても刃物産業の分業制

この形態が関市を大きく象徴しているように感じました


新しいアイディアで付加価値を追求する長谷川刃物さん

まだまだ色々な可能性が生まれてきそうな、

明るい未来を体感した次第です♪


最後は、刀匠の加藤君による刃物の勉強

なんとも贅沢な時間でありました

第26代藤原兼房さんから

刀について直々に説明して頂けるのですから


全国的にみても関市は刀匠の里といってよい場所

現在は信長の野望をタイアップした様々な企画を展開している市政


もっともっと市外の皆様に広くPRできるよう、

まずは市民の皆様が刀について身近なものとなることが重要では

日常ではない特別な世界かもしれませんが、

地域が産んだ世界的な宝を、

もっともっと地域で育みたいものです

真剣を手にした時のあのなんとも言い表せない感覚

その美しさに一瞬で取りつかれてしまいます


刃物=危険な物

と、子供たちから遠ざけるのではなく、

このまちだからこそできる、全国の潮流とは異なった、

そんな魅力的な教育が根ずくといいですね!


地元のことは意外と知らない

そう、知らないもんです


でも、知った時のワクワク感はたまらないものがあります♪


子供たちに宝物を繋いでいく

私たち世代の責任ですね♪



設営した頂きました松原委員長を始めとする委員会の皆様

素敵な例会を、感動を、ワクワクをありがとうございました♪






04/05/2013

清浄明潔(しょうじょうめいけつ)

本日は24節気の「清明」

清明とは、すべてのものが清らかで生き生きとする頃のこと

花が咲き、若葉が萌え、鳥が歌い、命が光輝く季節


大いなる自然のエネルギーで

元気玉がグングン大きくなっていく

そんな力が漲る季節の到来です♪




よっしゃ~♪



スタッフMTGも終え、

今月も強い意志で頑張って参りましょう!



私個人的には、

遠ざかっているジョギングを再開し

+6キロの体を絞っていきます!


04/02/2013

住宅ローン 2013年度の動向は

現在の住宅ローンは、

低い金利水準を保っています

安部政権に変わり、

上がる上がると言われつつ

現在が最も低い水準


ネットの関連記事を閲覧しても、

2013年度の動向は低い水準で動くのでは

というものが多い

では、いつまでこの異常な低水準が続くのでしょうか

その解は誰にも分かりません


しかし、言えるとすれば

この低水準金利はいつか上がるということです


世帯収入に占める支出割合が多い住宅ローン

その金利の上昇は家計にとって深刻な問題です


1%を切る低金利の3,5,10年固定金利

こちらを選択する方も多いはず


上昇局面を見極め乗り換えるから大丈夫

このまま上がらないから大丈夫


いろいろと策は講じているでしょうが、

やはりリスクを背負う事は極力避けたいもの



長い目で見れば、

今が金利上昇の局面なのかもしれません


35年間の固定金利

しかも現在であれば1%台という超低水準


35年先まで確かな支出計画を立てる事が可能です



まちの金融機関はなかなか勧めてはくれない35年固定(フラット35)


経済活動が上昇していきそうなこの時期、

一度比較検討されては如何でしょうか


R0013094


R0013093

(プレジデント2013.4.15号掲載より)



15年後、

1人に1台ロボットを所有している

数十年後、

宇宙旅行が日常のものに


この21世紀

世界は大きく変革していきます

もの凄いスピードで


その時代を生き抜く選択を







04/01/2013

卯月のはじまり

満開の桜、天に向かい花咲く木蓮たち

色鮮やかな季節の到来


我が社も母が大切に育てている命が輝いています


040103


040102


さて、この週末は稲沢市でのOPEN HOUSEを開催


完全予約制ではありましたが、

ほぼ満員の2日間11組のご家族にご来場賜りました


ご来場賜りました皆様、

スタッフ一同心より御礼と感謝を申し上げます♪


ものづくりを大切に考えている私たちの家づくり、

ご理解を深めて頂けたのではないでしょうか



一生に一度の家づくり、

誰かに依存したものではなく、

ご自身の考えを確立し表現できるものにして頂きたい

そう強く願います



私共も、家づくりについての各種セミナーなど開催し

これまで情報の不足している分野を明るく照らして参りたいと考えております♪


« March 2013 | Main | May 2013 »