May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« August 2012 | Main | October 2012 »

September 2012

09/26/2012

情熱に勝る能力なし

タカラ物流システム株式会社

代表取締役会長 大谷 將夫 氏

『情熱に勝る能力なし』

という題目にてご講演を拝聴いたしました



10年間赤字続きの会社を僅か8ヶ月で再建させた凄腕の経営者

体験的リーダー論と合理主義。人間主義に立脚した大谷流経営哲学




なんといっても物凄いエネルギー

私の父親と同じ昭和15年の生まれ

信じられない・・



「夢を語れない者は経営者になる資格がない」

「会社を去れ」

まずはここから。。


明確なビジョンを持ち合わせた上で、

理想と現実のギャップを埋めていく

難しい、出来ない、などと考えてはだめ

課題は必ず解決するんだ、知恵を絞るんだ、

言い訳はなし、と徹底的に課題をつぶす


頭にカビの生えた社員

分かるところまで降りていき、徹底的に寄り添い教育する



◆人間主義(意識改革)

◆合理主義(業務改革)

自己改革6つのキーワード

明るく、元気に、前向きに、今やる、頭を使ってやる、必ずやる



計画、目標、課題をつくれば、

どうしたらできるか?を考える



その他多彩なテクニックはお聞きしたものの、

やはりこの漲る情熱が

大谷会長の凄いところであります



「プロは、何か一つコツを知っている」


「人生というものは一瞬で決まる」



今日は心に留まる言葉が本当に多い

自身の歩みを実感できる、

今日来て本当によかった♪



いやぁー、上手く纏められませんで申しわけありません

まだ興奮してますね(笑)


日本の試練

 神秘な造物者は自然を造って精神を闡明し、

その精神に依って同時に自然を展開するの妙趣を発揮した。

物心は相待って自己を完成する。

人格も亦、境遇と相作用して進歩するものである。

随って困難な境遇は常に人格の試練を意味し、

又能く人格の価値を表明する。

 今、日本が眼のあたり非常な難局に臨んでいることは

国民の何人もが斎しく自覚していることであろう。

日本国家として人格的躍進を為すは今である。

日本民族が其の精神的威力を試練するは今である。

さらば武士が戦に臨んで愛刀の目釘を検べる様に、

我々は先ず自己の覚悟を究めなければならぬ。




安岡正篤先生が大正十三年に記した言葉

著「日本精神の研究」

1.日本民族の自覚

日本の試練の書き出し文





今と変わらないじゃないか

言っていることは

そう感じるのではないでしょうか


難しい文章ですので、私も本日の勉強会に参加し

優しく読み説いて頂きながらやっとの理解



「人格」とは、

「徳望」と「才幹」の主従関係について学びを得ました




永続企業を目指して

そのリーダーとしての徳望を磨いて参ります



これから半年間頑張るぞー!


09/20/2012

湘南スタイルの家づくり

午前9時過ぎ

名古屋駅発新横浜行きの新幹線に乗り込み

いざ神奈川県逗子市へ!


本日は『重量木骨の家』登録加盟店の勉強会と、

関東の登録店である ㈱キリガヤ様の新社屋完成披露会

関西の最強登録店様ともご一緒させていただき刺激的な一日に

(↓ご一緒させて頂いた参加メンバー)

株式会社アドヴァンス建築設計工房 様

株式会社じょぶ 様

株式会社デザオ建設 様

株式会社エーティーエム建築 様

株式会社福田工務店 様

(順不同にて)



神奈川県逗子市という地域

「湘南スタイル」という家づくりを提唱する㈱キリガヤ様

なかでもSE構法に特化したキリガヤスタイル様


OB宅を数件、モデルハウスを拝見させて頂いた後に

参加メンバーでのMTG

経年美、お庭の緑と建物が見事にマッチした空間

時の流れが違う

そう感じる独特の地域性

こだわりのあるご依頼主様に長年支持されている理由が、

ほんの短い滞在時間からも感じることができました♪


桐ヶ谷会長、畑木社長を始めとするスタッフの皆様、

温かく迎えて頂きましてありがとうございました♪

様々な価値観に触れることが出来

大変勉強になりました

この学びを自分の地域にも反映していきたい

そう強く勇気づけられもしました



そうそう、ここでも偶然な出会いがありました!

アドヴァンス建築設計工房の松尾社長とお話をしている中で

青年会議所(JC)の話題に

なんと松尾社長も本年度理事長を努められているということで

それまでの距離がグッと近くなりました

青年会議所(JC)というだけで

全国何処にいても「同志」「仲間」という感覚で接することが出来る

ましてや初対面なのに

本当に凄い魅力である事を改めて感じた次第で


社団法人貝塚青年会議所

~ 絆 Kizuna ~

思いやりと感謝の心でつなぎ

陽となり地域(まち)を照らせ



人は人でしか磨かれない

まだまだやるべきことは山積している

強くなるために、

これからも家づくりに精進して参ります



皆様、本日はありがとうございました

感謝と御礼を申し上げます♪

今後共よろしくお願い申し上げます♪

09/19/2012

イチローの習慣術とは

今晩は、中濃法人会青年部 関支部担当研修会に参加

関市文化会館小ホールに

NPO法人 ベースボールスピリッツ

理事長 奥村 幸治 様の講演を拝聴いたしました


奥村 幸治 様とは、

少年野球チームの宝塚ボーイズを結成した人物であり、

そのチームの監督であり、

オリックス時代のイチローの専属打撃投手を務めた人物

楽天の、田中将人投手は宝塚ボーイズでの教え子



今回のテーマは、「一流の習慣術」


一流の選手は、一流の習慣術を身につけている

イチローの場合は、

高すぎる目標を掲げるのではなく、

頑張ればクリアできそうな目標を設定し、

それをクリアすることによって一歩一歩努力の跡を積み重ねてゆく。

小さな成功体験を積み重ねていく習慣術こそ、一流の一流たる所以。


目標は高すぎるとダメ

高すぎるとそれは夢になり、途中で嫌になって諦めてしまう

頑張って手に届く範囲、これが目標とのこと


目標の設定が一番大事

クリアして順々に達成できる

これが段々面白くなる

目標設定→クリア→面白い→目標設定→クリア→面白い

この永遠に続く継続こそが

世界のイチローだということ


イチローは継続できる天才


高校時代に毎日続けた、寝る前に行う10分間の素振り

これが自身の原点だそうだ


クリアできる目標の設定

それをクリアする努力

再度の目標設定

こうした繰り返し

「継続」の大切さを改めて痛感した時間


イチローは一日にしてならず


継続は力なり


目標設定と継続することの大切さ


今後大切にしたい



いやー、素敵な内容でした!


20120919_235811

09/16/2012

フェイスブック

やってみえますか?


フェイスブック(Facebook)


弊社でも

岐阜の注文住宅 重量木骨の家 「設計工務店」宮部建設


としてページを運営しております


ぜひご覧いただけると幸いです♪


よろしくお願いいたします!

いいね♪


イチローの恋人

ニューヨークヤンキースに電撃移籍したイチロー!

そのイチローの専属打撃投手を務め

「イチローの恋人」としてマスコミで話題の人


NPO法人ベースボールスピリッツ

理事長の奥村 幸治さん


その奥村さんが、ここ関市にやって来ます!!!



9月19日(水)午後18時半~20時

関市文化会館小ホール


テーマ「一流の習慣術」として

イチローや楽天の田中将大投手の話など交え

一流人の習慣とは

一流になるための習慣とは何かご講演を頂きます


参加無料


主催は中濃法人会青年部

ご興味のある方はお気軽にご来場ください

09/12/2012

ガレージハウス建築の新規ご依頼を受けて

昨日は、ガレージハウス建築の新規ご相談を受けました


幅7200mm×奥行き6300㎜の大空間

柱も壁もできれば設けたくない

しかも、ガレージとリビングを隣り合わせにし

大きなFIX窓を設け眺められるようにとのご要望


弊社の取り扱うSE構法であれば全く問題なし!

であります♪


ご依頼主様とのお話のなかから

車を愛するお気持ちが強く伝わって参りました♪



なんとかご予算をクリアできるよう、

弊社らしいPLANをご提案させて頂きます!


よろしくお願い申し上げます♪


20120912_110927





09/07/2012

明日は中池グリーンフィールドへ集合!

明日9月8日午前9時30分より

青年会議所(関JC)の活動にて

関市中池グリーンフィールド多目的広場周辺の

清掃活動を行います!


国体のラグビー試合会場となる周辺

関市民みんなで綺麗にして

全国から来る選手を気持ちよくお迎えしましょう!



どなたでもご参加頂けます

草刈り、ゴミ拾いなど行いますので

動きやすく、汚れても良い服装でお越しください


ご家族、友人、知人、会社の同僚などなど

お誘い合わせの上お気軽にご参加ください♪




In

09/05/2012

防災に対する備えについて

昨日は青年会議所(関JC)の活動にて、

防災システム研究所所長 山村武彦氏をお招きし

「生き残れ 死なない為の防災術」

というテーマにてご講演頂きました。


・防災・危機管理「7つのポイント」

1.とらわれない心

2.優先順位

3.役割と責任分担

4.有事の認知心理バイアス

5.個人と自主防災組織の防災力

6.近助の精神と立ち位置

7.防災リテラシー


・「応答スペクトル」と「被害の違い」

・想定すべきは「普遍的・最大公約数の複合災害」

1000年に一度の想定最大値ではなく、震度6強を想定すること

・自助、近助、公助でつくる「災害に強い町」

隣3件でつくる「防災隣組」

日中や夜間における家族の情報を日頃から共有することで、

有事の際には助け合うことが出来る。


「危機管理とは究極の現実主義」



プロジェクターに添ってテンポよく、

メリハリのあるご講演でアッという間に時間が過ぎました


震度6の恐怖

コンビニの防犯カメラ映像からでも

その恐怖は強く伝わりました


住まいを提供している身として

「地震」には関心が高いと思っているつもりでしたが、

様々な情報に固執していたり、

ハザードマップを過信していたり、

実際6強の揺れが発生したときの対処

これをいかに現実のものとして想定できるか

深く考える良い機会となりました



・住まいの中に安全な場所をつくる

・外に逃げられるように行動する

・自身が助かったら近隣を助ける


ご提供する住まいにおいても

今回の学びをもっともっと活かせる

そう実感した次第です


1000年に一度来るという極端な災害を想定するのではなく、

この地域であえれば震度6強の地震を想定すること


今この時に!

地震は起こるかもしれないのです。。


09/01/2012

すくすくと♪

短い夏休みも終わり

再び幼稚園に通う日々♪


いつの間にか、、

ダイニングテーブルから頭ひとつ飛び出している



11月で4歳になる愛娘



20キロが体の上で飛び跳ね

父は近いうちに骨折するだろう(笑)



元気でなにより


感謝、感謝、感謝♪




20120831_083726



« August 2012 | Main | October 2012 »