November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« March 2012 | Main | May 2012 »

April 2012

04/26/2012

本日は勉強会!

午前中

大垣市でのお打ち合わせ

限られた敷地内でのガレージハウスをご提案♪


初回にご提案したプランを気に入っていただき、

今回はローンなど諸経費の細かなご説明を


総額のお見積金額が膨らんでいる現状

何とかダイエットしなければいけません!!



M様、今後共よろしくお願い申し上げます♪



午後からは名古屋にて勉強会


Se120426



24年度、新築住宅関係の補助金、

住宅ローン、プロモーションなど

ご依頼主様にとってメリットの有るご提案が出来るよう

多くの学びを深めております♪


04/11/2012

413 CAB

なにやら、

弟がたくらんでおります♪


マリオ・ペリーニ

413 CAB

Dsc_0674



スチールのフレームに

牛の厚革を被せたフォルム


座り心地も抜群♪



カッシーナの遠藤さん

本日はありがとうございました!





04/09/2012

其位素行

「君子は其の位に素して行い、其の外を願わず」

孔子の孫、子思(しし)が著わした『中庸』にある言葉。

立派な人物は自己に与えられた環境の中で

運命を呪ったり不平不満を言ったりせず、

精いっぱいの努力をし、それ以外のことは考えない。


「富貴(ふうき)に素しては富貴に行い、貧賤(ひんせん)に素しては貧賤に行い、

夷狄(いてき)に素しては夷狄に行い、患難(かんなん)に素しては患難に行う。

君子入るとして自得せざる無し」

裕福で地位が高い時も、貧しくて地位が低い時も、

辺鄙な地にいる時も、苦難の真っ只中にある時も、

驕らずへこたれず、その立場にあるものとして最高最善の努力をする。

君子はどんな環境にいても悠々自適である。


其位素行(そいそこう)の人生を歩む

自分の人生を輝かせるのは自分自身である

04/06/2012

愛娘の入園式

あっという間

早いもので、我が娘も入園を迎えることとなりました♪


私の幼少期に似てかなりの人見知り

色々と心配は絶えませんが

人生、新たな旅立ちを繰り返さなければ

大きく成長してゆけません


まずは、早く慣れて友達を沢山つくってくださいね!


私も早く子離れできるよう努めます(笑)


Dsc_0661


今日は、入園おめでとう!

桃子さん♪




04/04/2012

清浄明潔

今日は、24節気の「清明」です

清明とは、「清浄明潔」の略で

「万物が春の光の中で清々しく輝く頃」

という意味だそうです

とっても明るく躍動感のある言葉



厳しい寒さにじっと耐え

春の光がどんなに輝かしく眩しいことでしょう


春には、

生物を前向きにし前進させる力がある


あとからくる者のために

あとからくる者のために

苦労をするのだ

我慢をするのだ

田を耕し種を用意しておくのだ

あとからくる者のために

しんみんよお前は

詩を書いておくのだ

あとからくる者のために

山を川を海を

きれいにしておくのだ

あああとからくる者のために

みなそれぞれの力を傾けるのだ

あとからあとから続いてくる

あの可愛い者たちのために

未来を受け継ぐ者たちのために

みなそれぞれ

自分で出来る何かをしてゆくのだ



坂村真民さんの詩より


大好きな詩であります♪

04/02/2012

住宅ローン、変化の兆し

本日の日経新聞

Dsc_0655


2011年12月末での融資残高が105兆円

という過去最高の額を超え、

一部の不良債権化を心配する声が大きくなっているというもの


「大手行は強気」の文字が見えるが

この地域の金融機関においてはどのような見解、方向性なのだろう



いずれにせよ、

消費者を第一に考えた「審査」が当たり前のことで

なんらかの行き過ぎがあったのならば

多少は沈静化するのでしょう



近頃は地震の脅威ばかりが報道されていますが、

「備え」

「国民を護ること」

これらに対する経済政策、金融政策を

国民に伝わるようしっかりと説明、実施して欲しいものです♪


長期金利は上昇傾向に



時代を読み解き

しっかりと目的地を決めて進まなければ

遭難してしまう


そんな時を生きています。。。





« March 2012 | Main | May 2012 »