July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« October 2010 | Main | December 2010 »

November 2010

11/27/2010

RICOH GR DIGITALⅢ

先週、修理に出した『GRⅢ』


なんと!!!


本日、修理を終えた『GRⅢ』が帰ってきました♪


約1週間での退院、

家電量販店に修理を出さなくて良かった…


それにしても早急な対応をしていただき、

リコー修理センター様 ありがとうございました♪


気になる修理代金も無償にて。

さずが、国内優良メーカー!!

と、前回ブログと言っていることが食い違うような気もしますが…

こうした対応が嬉しいじゃないですか^^


それにしても、

最初の問い合わせで一般的に食い下がったら、

当然今回の故障ケースでも有償になったことでしょう。

これほど早く修理から帰ってないことでしょう。


私の要望(一般的にはクレーム?)に応えたから良し。

ではなく、

根本的なモノづくりの現場を見直して欲しいもの。


「Made in China」

のモノづくりから、

「Made in Japan」

のモノづくりへ、

原点に帰る時期が来ているのではないでしょうか。


モノに満たされた今の時代だからこそ、

見つめ直さなければいけない本質があるのではないでしょうか。。


グローバル社会とはいえ、

日本人は日本人。

「日本人らしさ」があるんです。

巨大なマーケットを銀河の果てまで追いかけるのが

その「らしさ」でないことは確か。


悲鳴を上げ崩れ去っていく資本主義社会の渦が、

世界を呑み込んでしまうのでしょうか。


これからの私たちに大切なこと、

じっくりと時間をかけて考えていかなければいけませんね。

11/24/2010

モデルハウスは紅葉が見頃♪

11月20日(土)


和室前のカエデ

綺麗に色付いています♪

10112001


この日も2組の方々にご来場いただき、

SE構法・長期優良住宅・住み替え支援など、

盛りだくさんの魅力をお伝えしました♪


ランニングコストを抑え、

自然と共生しながら生活していく。

人生を大切に過ごす、

スローライフな自立循環型住宅。


ご興味のある方は是非モデルハウスにお越しください♪

使い捨てを促進?家電の在り方。

11月17日(水)


約1年と1ヶ月

愛用していたデジカメ『リコーGRⅢ』が壊れてしまったcrying

大切に使っていたのに…

高額なデジカメがこれほど簡単に壊れていいのか??


すぐさま購入した家電量販電に連絡。

5年保証を付けているので対応は可能とのことでしたが、

お預かりに3週間必要という返事。

今の生活でデジカメが3週間も無いなんて考えられない(涙)


困り果てリコーの修理センターへ連絡。

コールセンターの女性が丁寧に対応してくれる。

同じ症状の修理依頼があるにもかかわらず

修理の見積り自体が有料という返答に激怒・・・・

電話口に別の方をとお願いし、

私の想いを伝えさせて頂きました。


既にこの時点でかなりのクレーマー??


広角レンズのユニット不具合

修理代は2万円半ば

基本的に

製品としての耐久性が不足しているのでは??


修理するなら買い換える方が安い。

この考えが通用するような価格のカメラではないし、

最近の家電は使い捨てを前提にした製品づくりをしているのではないか!

そのようなことを感じてしまいます。


数年前に購入した3万円程のミニコンンポ。

これは2年ほどでCDが聴けなくなり、

修理に2万円程かかると言われた経験も。


現在、修理せずラジオ専用コンポとなっていますが・・・


価格競争、コスト削減、海外生産と分かりますが、

日本のメーカーはもっと高品質な製品を造って欲しい。

長く愛用できる製品を造って欲しい。

モノを造る同志として心よりのお願いです。


日本人として寂しくなってしまうので。。

10112401


↓リコー修理センターへの郵送キット

10112402

日進月歩、その正当性。

11月16日(火)


岐阜市某所にて、G様邸の地盤調査を実施。

今回は、これまでの試験方法ではなく新たな方法を取り入れて。


日々技術は進歩しており、より正確な調査が可能となっています。

10111601

10111602

10111603

凄く気持ちの良い天気!

自然と気持ちが高揚します。


最幸の家を建築するぞ!!!

11/16/2010

これが民意だ、建設反対へ!

以前ご紹介した長野県佐久市

『総合文化会館建設』をめぐる住民投票。


14日に投開票され、

反対3万1051票、

賛成1万2638票

で反対票が大きく上回りました。

(信濃毎日新聞記事11月15日)


当日有権者数は8万15人。

投票率は54.87%


この結果を受け、柳田清二市長は建設中止を表明。



9月に制定された条例での、この投票率。

まさに真の民意の表れではないでしょうか。


その施設が本当に必要なのか?

自分たちに必要なのか?

借金を次代に送っていいのか?

色々な想いがあったことでしょう。

今回は、大変堅実な結果だと感じます。


これでまちが割れることなく、

建設に求めた夢や機能を

既存の施設をフル活用して実現して欲しいものです。

佐久市民の皆様、是非とも頑張ってください!


文化会館が無くても、

市民が意見を言える素晴らしいまちです!


我がまちには立派な文化会館がありますが、

考えを持った市民が意見を言えているのでしょうか??


ハコ、カタチではないことが実直に感じられます。

何とかならないものでしょうか。。

今年も挑戦、洞戸キウイマラソン!

今年も挑戦状が届きました!

10111501


というか、自分でエントリーしたのですが。。


「2010ほらどキウイマラソン10キロ」


あの心臓破りの坂を克服し

昨年のタイムを上回るぞ!!


圧倒的に走り込みが足りませんが、

根性は相当レベルUPしているはず(根拠のない自信)


完走した後、あの爽快感を味わうために、

楽しんで走りたいと思います。


今回はJCの仲間、数十名と参加です!

おさ~る・さ~ん・だよ~♪

11月11日(木)

もうすぐ2歳になる娘のももちゃん♪

最近、志村どうぶつ園を観て喜ぶので、

おさるさん達を見せてあげようと

犬山のモンキーセンターへ!


平日ということもあり、ほぼ貸切り状態\^0^/

天気も良くて暖かく最高の休日となりました♪


↓入口近くのウサギとふれあいコーナー

うさぎを追いかけています!!

「そんなに走ったら捕まらないよ~」

10111102


ようやくGETし、ナデナデ♪いい子いい子^^

意外と動物を恐がらない、

散歩している犬にも平気で近寄るので恐いもんです。。

10111103


10111101

あれっ?!

ここに来ても アンパンマン!!!

でも乗っている本人からは見えないんですよね~。


大人300円なり。

ほぼ全てのアトラクションが貸切り状態でした。。


↓園内に立っていた看板

「サルたちの血統関係」


10111104

10111105

「おっ!!」

ヒトが一番下に記載されている!


オランウータン

ゴリラ

チンパンジー


本当にヒトはサルから進化したのでしょうか??

チンパンジーを見れば見るほど

不思議に思います。。。


モンキーセンターなのにサルの写真が無いですね。

反省・・・。


犬モン最高☆

とっても楽しい一日でしたー!

11/08/2010

長野県佐久市 住民投票告示。

前回お伝えした長野県佐久市の住民投票が

7日に告示されました。


(信濃毎日新聞の記事)


『総合文化会館』の建設を巡る住民投票。

住民投票条例ができて間もない時期での投票

住民にどの程度浸透しているのでしょうか、

疑問が残ります。。。


今回の佐久市も、

我がまち関市も同じ現象ですが(おそらく日本全国でしょうが)

こうした問題に対して若者の関心が低すぎる。

自分たちの未来が、

「借金漬け」にされている

「問題先送り」にされている

このことにもっと憤慨していいのではないでしょうか。


最近の若者は興味、関心がないから・・・

ではなく、

こうした教育を施していないからいけないのでは。

自分たちの護身を考えるのではなく、

次代を担う日本人の育成に注力すべき。


よっしゃ~!

何かやってやるぞ~!!

11/07/2010

住民投票のあるまち、ないまち。

暦の上では今日から冬。

暖かさが何とも心地よい日中でしたね。


今日も1組のモデルハウスご来場。

心より御礼申し上げます。

私の想いはどの程度伝わりましたでしょうか。


頭や心の中にあるものを言葉にする。

なかなか上手くできるのものではありません。

噛み砕いて、噛み砕いて、

自分自身の言葉にできるよう努めます!



さて、昨日6日(土)

夕方から長野県佐久市に出かけてきました。

紅葉を見るにはちょうどいい時期♪

軽井沢を通り抜け…

といきたいところですが、

「文化会館建設の賛否を問う公開討論会」への参加が目的。

人口10万人、事業所や従業員人口もほぼ関市と同じ。

しかし、関市とは大きな違いが!!!


このまちには住民投票という条例が存在する。

このまちには千人以上収容可能な文化会館が無い。

という点。

今回の公開討論会は佐久市役所の設営。

賛成派のパネラー

反対派のパネラーが各3名にてそれぞれの意見を。


関市の健康福祉交流施設問題もそうですが、

合併特例債(参照)を引っ張ってくること在りきの話に聞こえる。

文化会館を建てれば市民文化の向上に繋がるのか?

地域経済への波及効果が年間6億円もあるのか?

などなど


昭和後期に計画された案を現在において実行しようという考え方。

この考え方、感覚が私には理解できません。

成長期の考え方を改め、

熟成期から後退期に転換しているのだという

認識を持たなければ、

市民が主となった地方自治なんて実現できない。

こう考えます。

日本人はいつまで物を満たす人生を送るのでしょうか。

なぜ、心を満たす人生に転換、シフトできないのでしょうか。


通信情報技術がこれほどまでに発達しているのに、

地方において千人以上が同一会場に集う必要性があるのでしょうか。

中規模の会場を同時中継で繋ぐ、

家に居ながらその会場の臨場感を味わえる。

こうした技術、インフラの整備に予算を配分する方が

よほど今後の為になるのではないでしょうか。

必要のない高齢者の孤独死もこうしたラインで救えるのでは。


もっと小さなコミュニティに目を向け、

そこを強化し、横の繋がりを強化するべき。


いい加減、箱モノ行政から脱却してほしい。


やはり、箱ではなく、

私たち市民ひとり一人が機能を果たしていくこと。

周りの人々の為に、

誰かの為に無銭で働くこと、

これにつきるのではないでしょうか。

11/05/2010

空飛ぶ黄金の信長ー!!

11月4日(木)


本日は、JR岐阜駅近くで2件のお打ち合わせ♪

業界の動向や住宅関連補助金の動きなど

色々と情報交換できました!

10110402

10110401


よっしゃ~!(はっちゃんまん流に。。)

高品質な住宅の発展に向け

やるべきことが山積だー!!!

元気に頑張って参りましょう♪

設計事務所のお仕事。。

11月3日(水)


岐阜市の IBC(アイビーシー)設計事務所さんとお仕事を。

春日井市の物件が竣工です\^0^/


10110301

10110302

10110303

10110304

独特のスタイル♪

鷲見さんらしい!という声も聞こえそう。。


現場監督の森上君、各業種の職人さんたち、

お疲れさまでした。

心より、感謝、感謝です♪

11月は虹色の月に♪

UPを忘れていましたが、

11月1日

中濃特別支援学校の近くで撮影


こんなに鮮明にはっきりとした虹は久しぶりに見ました!

しかもよく見ると二重になっている?


今月は虹色のツキになりそう\^0^/


10110101

10110102

一休さんが虹の橋を渡っているの見えるかな?!

11/02/2010

身長192センチ、メキメキ伸びる~!

日付が変わり昨晩のこと


居酒屋業界で今一番熱い男、

大嶋啓介氏の講演会に参加を。


会場は250名ほどになったでしょうか。

本気の朝礼、

可能性を信じる心、

大人が人生を楽しむことの大切さなどについて、

会場を盛り上げながら熱く熱く語っていただきました。

自分の限界を勝手に決め付けてしまっている人が多いという話、

確かに私もここ数年までは、そのような考えでした。

しかし、今は違うとはっきり言えます。

なので大嶋さんの話はすんなり聴くことができましたし、

更に自分の考え方を大きくさせて頂きました。

「のみ」の話ではないですが、

自分より高く飛ぶ人を知らなければ

その高さを知ることはない。

そして、その人が何故高く飛べるようになったのかも

知ることができない。

自身の成長は、こうした人と人との出会いなんだと

改めて出会いの大切さを実感しました。


懇親会時には今抱えている一つの悩みについて

ご相談させていただきました。

その答えは恐ろしいほど早く明確でした。

「答えは自分自身の中にある・・・」

「何処まで本気なんだ・・・」

「俺ならできる!」


「俺ならできる」

と言いきられたら言葉が出てこなかった。。

限界をつくっているのは自分なんだと・・


情熱、

情熱を感じることのできる人物。

気持ちの良い男だと感じました♪

情熱、高い志は負けていない!

今晩は、勝手にライバル宣言しておきます♪

10111004

« October 2010 | Main | December 2010 »