September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« March 2010 | Main | May 2010 »

April 2010

04/27/2010

『イチゴ狩り♪』ふる里農園美の関へ!

4月25日(日)

日曜日、久しぶりのフル休暇happy02shine

日課となっている午前中の掃除を終わらせ、

午後からは家族で『イチゴ狩り』へ出掛けましたcake

関市西田原のにある、『ふる里農園美の関』

PM14時の予約

駐車場に着いても案内看板が無く、

仕方なしにそれらしきビニールハウスへ。

入口に『イチゴ狩り』の看板を発見し一安心。

んが、係りの方に

「料金の精算は産地野菜を売っているあちらの建物でお願いします」

と言われ・・・

トコトコと来た道を戻り精算を済ませましたbearing

(大人1人1,600円ほど)

この日は当たりなのか、

ハウス内はほぼ貸切り状態notes

30分と限られた時間の中ではありましたが、

奥さんも、ももちゃんも、

甘いイチゴを堪能しておりましたnote

10042501

10042502

10042503

10042504

10042505

10042506

10042507

10042508

家族3人で、約30個ほど

ももちゃんは、10個のイチゴをぺろりとcoldsweats01

美味しいイチゴ、ご馳走様でしたnotes


ふる里農園美の関

バーベキュー施設もあり、

なかなか良いところですsign01

ちなみに午後の到着では、

売店の産直野菜は、ほとんどが既に売り切れでした。

04/26/2010

1年点検とご挨拶まわり

4月24日(土)

午前中は、昨年1月にご入居されたH様邸の1年点検に。

この季節、周囲には新緑が広がり本当に清々しい気持ちになります♪

今、流行りのパワースポットといったところでしょうか。

点検は、

建具・サッシ周り・床・壁・天井・水廻り・水栓器具・床下・外壁・雨樋などなど、

弟と二人で確認作業。

何点かご指摘も頂きましたので、連休明けに修繕の手配となりました♪

最後に、1年間お住まいになられての「ご意見」や「ご感想」を賜り、

今後の家づくりに大変参考になるお言葉となりました♪

こうしたお言葉を積み重ね、家づくりのボトムアップを図って

更に魅力的な住宅を提供して参ります!!

☆H様のご意見(一部)

・玄関からリビングへの建具枠について

頻繁に行き来する場所なので、

塗り壁で角を出さずに木枠を出して壁が汚れないようにした方が良かった。

(デザインを優先した面もあるが)

・サッシ周りのコンセント位置などへの留意不足

カーテンやブラインドを閉めると、コンセントにかかり使いづらい箇所がある。

(90度、壁がL字になっている場合)

・洗面スペースの奥行きは、あと450~910㎜あっても良かった。

(背面のリビングスペースを削ってでも)

洗面スペースで、洗濯物の取り込み、たたみ、アイロン、収納まで出来ると更に良かったとのこと。

・建具や下駄箱などのオーダー品について、もう少しより具体的な完成イメージを伝えて欲しかった。

(私たちのご提案、ご確認不足。イメージの共有化を強化いたします!)


・床材に使用したチークの無垢材は正解だった。

(2階子供部屋に使用した既製品の合板とは、やはり比べ物にならない。部屋の空気感も違う)

・キッチン背面のカウンター奥行きについて

(奥行きは650㎜ほどあるが、あと50㎜あると更に良かった。

電気機器を置いた手前に食器などを置けるので。現状の650㎜でも置けるが。)

などなど色々と具体的なご意見を頂きました。

これから家づくりを考えて見える方は参考にしてみてください♪

ただし、各々に使い勝手や優先順位が異なりますので、その辺りはご注意くださいね!

双子のお子様も随分と大きくなりました♪

ご家族が安心して、H様の求める暮らしが送れるよう、更に精進してサポートをさせていただきます!



午後からは、

昨年末に入居されたⅠ様邸へ。

ご希望により玄関戸を造作しましたが、

どうしても反りが出て隙間風が気になるとの事。

既製品に取り替え、当初制作した玄関戸は網戸へ造り替えました♪

この季節、玄関網戸は防犯を確保して風を取り込めるので、

とても気に入っていただけた様子でした♪

その他、一ヵ所目地部分にクロスの浮きが出ているとの事でしたので、

もうしばらく他の箇所も様子を見てから直しますとお伝えを。

またまた素敵な笑顔を頂きました♪

ありがとうございます☆


その後、2月に入居されたK様邸へ♪

なかなかお伺い出来ませんでしたが要約ご挨拶でき、

ご満足頂いているお顔を拝見でき一安心♪

お子様も自慢げに、アンパンマンピアノを披露してくれました!

植栽についてご意見を頂きましたので、

休み明けに早速手配いたします♪


本日は、三つのご家庭を訪問でき、

本当に充実した一日となりました♪

私たちは、そこに住まう家族の笑顔、幸せをご提供させて頂いている。

しみじみと再認識いたしました。

もっともっと頑張らねば!!



ご挨拶まわりのなか、

私の愛車はとうとう「20万キロ」を突破!!

2000年12月に購入したこの車。

年末で、ちょうど10年ですね♪

日本車は丈夫なものです。

まだまだ可愛がって末永く付き合いたいもの。

車も、家もそうですが、

「使い捨てる」のではなく「使い続ける」

こうしたものづくりに早く転換しなければいけないし、

大量生産大量消費に依存した経済の仕組みから脱却しないといけませんね。

10042401

10042402

10042403


↑写真は、チャオズの名シーン♪

「天さん・・・、どうか死なないで・・」

この気持ち、現代人に欠けているのではないでしょうか・・

04/17/2010

目標に突き進む!!

東京の2日目は、お目当てのショップへ♪

H2400×W910という非常に背の高い建具の

イメージに合う和紙を探し求め

東京のとあるショップに立ち寄りました。

オリジナルの木版を使い和紙を制作している会社ですが、

「温故知新」

若手の職人さんたちが素晴らしい和紙製品を造っていました♪


私自身、以前から京都「唐長」の和紙が好きで、

京都に寄ることがあればポストカードやレターセットを好んで購入していました。

表現力に乏しいので上手くお伝えできませんが、

あの図柄や表情などになんともいえない魅力を感じます♪

このように、和紙には関心があったなかで

最近のお客様に「建具」+「和紙」の魅力、面白さのヒントを頂きました♪

なんとかカタチにして表現できたらと考えていましたので、

今回のモデルハウスに採用するべく熱心に取り組んでいます。

10041701

10041702

10041703

↑写真は、ショップ内の様子と建具イメージです。

頭の中のぼんやりとしたイメージと、現実との刷り合わせ作業。

今回のぼんやりイメージは、かなり使えるものとなりました。

モデルハウス、乞うご期待です☆



和紙サンプルを頂きショップを後に。

この辺りから見えるはずだけどなぁ~

「あった!!」

10041704_2

『東京スカイツリー!!』


「真下から観たい!」

「・・・」

「ん~、歩ける!」

田舎者の距離感は自分でも恐ろしいと思いつつ、

目標に向かって隅田川沿いを歩き始めました。

ここのところの寒さ、

冷たい風も強く途中くじけそうになりましたが、

10041705

40分ほどで到着。。。

「思ったより低い??」

いや、しかし高い!

10041706

10041707

到着した日の『東京スカイツリー』

高さは「349m!!」

なんと既に東京タワーの333mを越しているではありませんか?!

建物の目標高は「634m」

まさに、「どんだけ~♪」

必要なものか?

必要でないのか?

この問いかけは愚問でしょうか・・

建築物ファンの1人としては、完成したら再度見にくるでしょう☆

10041708

地上450mの展望台

最高の眺めでしょうね!

ちなみに、昨年の旅行で登った台湾の台北101ビル

この高さは「509m」


この長引く大不況・・

上を眺めるということは良いことです!!

しかし、施工会社にしてみれば大変な仕事でしょうね。

日本の建築技術を世界にアピールするためにも、

無事故で竣工してほしいものです。

04/16/2010

これからの暮らし方を求め東京へ。

昨日から東京に来ています

寒いですね~

こちらの方も葉桜

残念、すこし期待していたんですが・・


今回の東京出張の目的は2つ!いや3つかな?

①自立循環型住宅への取り組み

②インテリア素材の開拓

③つけ麺の市場調査(趣味ですが・・)


③は、努力した「おまけ的なもの」ということで。。

①に関しては、

今後、私たちの住まいづくりの大きな軸となる重要な部分と認識し、

学びを深め取り入れていきたいと考えています。

企業秘密的なところもありますので詳しくは触れませんが、

とってもワクワクする♪コンセプト住宅であることは間違いなしです!

②に関しては、

流行を取り入れるのが遅い住宅業界において、

何か新しい風を吹き込むことができないものかと思考しています。

大都会、東京にはヒントが山積しています!


↓写真はセミナー会場から撮影したもの。

10041501

10041502

10041503

10041504

10041505

私のいるフロアは30階。

ビルの入口に吸い寄せられていく人影はまるで蟻のように見える。

ここ大都会では生活スタイルが圧倒的に違うことを痛感。

会場までの道中にあった高速エレベーター、

今ここで巨大地震が起こったらと想像するだけで恐くなる。

地上に降りるのに何時間かかるのだろうか。

「巨大な箱」のなかで生活している東京人。

とうてい私には無理な暮らし方。

ここで一つだけ叶えたいものがあるとしたら、

眼下に見える東京マラソンのスタート地点に立つことでしょうか。

本日も実り多き一日となりそうです♪

04/10/2010

長期優良住宅モデルハウスは。。

10040905

現在建築中の、『長期優良住宅』モデルハウス

当初は4月中の完成予定でしたが、5月上旬にずれこみそうです。

本日の打ち合わせは、外壁の塗り色、木部の色を選定。

レッドシダーの良さを損なわぬよう優しい色付けに。

指示した通りの色目がでると良いのですが。

↓写真は、ジョリパットの塗りサンプル。

生憎の曇り空で、色合い鮮明にでていませんが・・

10040904


内部は、階段・吹き抜け部の手摺りを取り付けているところ。

今回の物件は、丸型のスチール製として白色塗りです♪

10040901_2

10040902

とても良い感じに仕上がっています♪

職人さん、ありがとうございます☆

そして写真↓は、

キッチン側面のべネツィアン・モザイクタイルを貼っているところ♪

深みのある紅色(コーラル)が、

カオス(トーヨーキッチン)とどのような表情を見せてくれるでしょう。

ワクワク、楽しみですね♪

10040903

この紅色、真壁の漆喰にも映えること間違いなし!

かなりいいチョイスです!Hさん♪

本当に完成が待ち遠しいですね☆

10040906   

04/08/2010

リフォームのご相談

4月6日(火)

10040601

春の陽気、桜も満開、

とても気持ちの良い時期。

この日は、リフォームのご相談を受け、

岐阜市某所、既存のお住まいをご訪問。

祖父母が生活しやすい環境を整える為、

キッチン、浴室を中心に、温かな空間を望まれています。

現状の間取り、設備などを採寸・確認して図面に落とし込み、

新たなリフォームプランをご提案します。

三世代の集う、温かなキッチン&リビング♪

核家族化のなか、大変羨ましいご家庭です。

これまでのお住まいを大切に守り継いでいきたいものですね♪

大山会長講演会、無事に終了!

4月4日(日)

4月3日(土)

私の所属する関JC社会開発委員会の企画・設営による、

日本理化学工業㈱大山会長の講演会

『真のノーマライゼーション社会の実現を目指して』

が、無事に終了いたしました。

開催にあたり、様々な方々にご協力を賜りましたこと厚く御礼申し上げます。

そして、会場にお越しいただきました皆様、ありがとうございました。

このまちが、分け隔てなく支え合える社会になることを願って今後も取り組んで参ります。

例会終了後、色々な方から、色々な想いをお聞きしました。

目の前の問題に苦しんでいる人たち、

自分たちにできることを既に実践されている人たち、

何ができるのかを模索している人たち。

私たち、青年会議所がなすべきことは、

この社会を変えること。

俯瞰的立場で、支え合える社会、仕組みを築くこと。

障害者の自立、

行政に頼らない、

市民運動、

企業としての取り組み・・・

家づくりに携わる人間として、

自分自身に何ができるのか、

真剣に考え、今後の人生において取り組んでいきたいと思います。

↓写真は、大山会長ご講演の様子です。(4月4日岐阜新聞中濃版に掲載)

100404

04/01/2010

激走の写真が!!!

「オールスポーツコミュニティ」

スポーツ写真のサイト。

今回参加した『関シティマラソン』が取り入れており、

私自身このようなサービス(ビジネス)があるとは知りませんでしたflair

すべてのランナーの写真が撮影されているようで、

参加ランナーは後日に自身の画像をチェックして購入できるシステム。

あの、東京マラソンにも活用されているshine

いったいカメラマンは何人態勢なのだろうsign02

今回は記念なのでデータを購入し、本日の到着happy02shine


この黄砂混じりの強風向かい風に耐えながら走る姿think

「まだ行ける、まだ行ける、力を温存しているんだ」

と、終盤のスパートに向けて自分に言い聞かせているところでしょうか・・

10032102

走り切った後の自分が見たくて、知りたくて、

こんな辛い思いをしながら走るんですねconfident

先輩に負けじと「ハーフ」に挑戦できるよう、

走り込みを開始しなければ・・

« March 2010 | Main | May 2010 »