July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 中濃特別支援学校の視察へ | Main | 久々桃ちゃん登場♪ »

03/04/2010

省エネルギー対策等級

2月22日(月)

関市にて建築中の『長期優良住宅モデルハウス』

断熱工事の施工が完了いたしました。

今回の長期優良住宅モデルハウスは、

「設計性能評価」にて省エネルギー対策等級「4」(地区区分:Ⅳ)を取得しており、

設計図書通りの施工をし、断熱検査を受けるという流れです。


このモデルハウスにおける、断熱への基本的な考え方として、

初期コストを極力抑えた「創エネ」と「省エネ」のパッケージがあります。

①陽光あふれる普段の生活スペースを創出し、暖房費を削減する

②風通しの良い間取りを創出し、冷房費を削減する

③性能の高い断熱材・サッシ・ガラスを採用し高断熱を創出し、冷暖房費を削減する

④無垢材(自然素材)を、床・壁・天井・建具らに採用し、調湿作用をプラスする

⑤オール電化を基本とするが、太陽光発電は取り入れない

上記のような考え方は、私たちの施工する地域を基本にお話しするものです。

都市部のように昼夜窓も開けることが困難で日当たりも悪い。

などと言った状況でしたら、断熱や換気に関する考え方は全く違う形となることでしょう。

⑤にて記載した太陽光発電の件は、

投資しただけのメリットが果たしてあるのか?ということです。

(自己資金での投資は別のお話です)

太陽光発電設置に伴い増額した長期借入額。

これに伴い毎月の返済額も当然増加。

太陽光発電は、この「増加した毎月の返済額」以上に、

毎月の電気料金を助けてくれるのか??

通常の一般家庭であれば疑問??です。

CO2に関しては、

電気機器を極力使用しない生活を目指すことが共通認識ではないでしょうか。

話はそれましたが、

私たちがご提案したいのは、

「なるべくシンプルに」

ということです。

大切で譲れない部分の基本軸をしっかりと形成し、

必要であるもの、必要でないものはキッチリと見極める。

その見極め方次第では、「投資」にもなり「無駄遣い」にもなりうる。

家づくりは、まさに人生設計そのものですよね。

「長く住まうことのできる住宅」

をご提供できるよう努めていますsun

モデルハウス完成の際には、是非見学にお越しくださいshine

10022201

10022202

10022203

10022204

10022205

« 中濃特別支援学校の視察へ | Main | 久々桃ちゃん登場♪ »

「家づくりについて」カテゴリの記事