September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« June 2008 | Main | August 2008 »

July 2008

07/31/2008

7月30日(水)窒素で走った!

某団体でお世話になっているタイヤ屋さんへ行ってきましたrvcarsign04

用事は、タイヤのローテンションと窒素の充填ですdelicious

「空気が無いなぁ~」

「空気が抜けてきたなぁ~」

と、タイヤには「空気」が入っていますよねear

その空気の代わりに純度の高い窒素を入れるというものですflair

空気にはもともと酸素と窒素、その他のものが入ってますよねconfident

その窒素の割合を90数%まで引き上げるのです。

これによって、乗り心地、騒音の減少、燃費向上、空気(窒素)抜けが30%減少する。

という効果があるみたいhappy02shine

ネット上では、いろいろと意見があるようですが、まずは実際に試してみようという訳ですeye

073001

073002

073003

タイヤも、前輪の内減りが目立っており、購入してから約1年位、ちょうど良いタイミングでローテーションできましたscissors

ホイールも洗って頂き、とても綺麗happy01

ピッカピカshineshine

ガソリンもドンドン高くなり、燃費は気になりますよねchick

少しタイヤに気を使うだけでも、小さな節約になりますよflair

ミスタータイヤマンwrenchさん、ありがとうございましたwink

07/30/2008

7月29日(火)長良川国際会議場へ

午後13時、「住宅瑕疵担保履行法の施行」についてセミナーを受けに行って参りましたhappy01

リバーサイドパークにrvcarを停め、sunsunsun帰りには暑くなった車内に乗り込むのが嫌だなぁ~なんて思いながら、長良川国際会議場へ。

この場所には、昔、建築家を志す方に連れて来てもらった覚えがありますthink

超有名な日本を代表する建築家、安藤忠雄shineの設計なんですよねflair

お隣の都ホテルと相俟って堂々した独特な雰囲気を醸し出していますlovely

セミナーの開始まで多少時間があったので、屋上まで上がってcamerashineパシャリnotes

072901

072902

月面からみた岐阜城moon3
といったところでしょうかhappy01
時代の隔たりがある建物同士がこうして向き合っているのも不思議な感じを覚えますconfident

それにしても、妙な建物でありますeye
とにかく、建物に入ると移動するのに一苦労、分かりづらすぎますbearing
お値段はかなりかかったのでしょうが・・・
とはいえ、こうした文化的建物に身近に触れ合えるというのは、とても良いことではないでしょうかshine

もうすぐ花火ですが、この屋上からも見ることができるのかな?

072903

セミナーの方はというと、役所の方の話を数時間聞いていましたので・・・
かなり辛かったsleepy眠気との戦いsweat02

来年の施行に向け、我々工務店も多くの負担を強いられます。
様々な企業の問題があるなか、「消費者保護」は今後ますます重要視されてくるのでしょうねeye
モノではなく、人で差別化できるよう、倫理道徳観heart01を切磋琢磨して、心ある商売をしたいものですconfident

07/01/2008

7月1日(火) I様邸新築現場へ

土曜日の上棟を経た I様邸flair

最近は雨rainばかりで、グズツイタ天気が続いてましたが、本日はスカッと気持ちよく晴れましたねsunsunsun

現場も気持ちが良いですhappy02

躯体は組み上がり、細かな耐震金物の取り付けを行っている最中でしたwrench
各所様々な種類を取り付ける為、職人さんも仕分けが大変ですsweat01
構造計算された強度を間違いのないものにする為には、この金物の設置一つ取っても間違える訳にはいきませんrock
十分に注意eyeして頑張りましょうup

↓北東からのcameraです。

070101

↓写真は、内部の吹き抜け空間です。

070103

6月27日(金)各務原の現場へ

インターネットpcをご覧になり、直接お電話telephoneを頂いた I様shine

それからトントン拍子noteで話が進み、28日の上棟を迎えるまでに至りましたhappy01

一階に店舗、2階に居住スペースをと、お問い合わせを頂いた段階では、SE構法での建築をお考えになってみえましたflair

店舗ということもあり、やはり柱や壁が突き出た間取りを嫌ってのことです。
PLANを作成し、何度も打ち合わせを行いコストを突き詰めていく中で、今回はSE構法ではなく、通常の在来でも希望の間取りを実現できるという決断に至りましたshine

SE構法の登録工務店としては、SE構法をドンドン押してこの工法で建築していくのが企業の効率化を考えれば一番のことでしょうが、お客様が第一ですlovely
当社が備えている工法はあくまで、お客様の選択肢でしかありません。
「この工法でしか建築できません」ではなく、お客様のニーズ、ご予算、メンテナンス等を考慮したバランスで、プランニング提案していきたいと常日頃考えていますpencil

効率を求めないsign02
それじゃあ儲からないよsign01
あまいんじゃないのannoy

と、考える方もみえるはずです。
確かにそれも重要なことの一つだと私も考えます。
しかし、乾いた雑巾まで絞ろうとするのは、物理的に不自然な行動。自然じゃないのですwobbly
私は、自然な人として思いやりのある心のこもった商売を理想としていますheart01
建築して頂いたお客様を末永くサポートできるよう、企業としても更に体力のある会社にしていかなければなりませんdash

日々勉強、日々お客様の為に何が出来るのかを考えて頭を柔らかくしなければいけませんねwink

下の写真は、上棟前の現場の様子です。

建築現場の様子↓

062701

↓大工さんが上棟に備え、部材を配列しているところですhouse

062703

敷地面積 62.25坪(205.80㎡)
建築面積 33.06坪(109.31㎡)

« June 2008 | Main | August 2008 »