May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« August 2005 | Main | October 2005 »

September 2005

09/29/2005

関市 分譲住宅

関市千疋にて建築してきた分譲住宅が、ついに完成し今週末に売り出しを迎えます。
外構までしっかりと施工して完璧な仕上がりになったと思っています。
0929-1
↑写真本日の様子です。
今週の土曜日には折りこみチラシも入りますので、ご興味のある方は是非遊びに来てください!

09/25/2005

新築住宅がいっぱい!

昨日は、以前働いていた会社に行こうと一路、新しく市になった清須市(漢字あってたかな?)に向かいました。
あまりに久しく行ってなかったので、その町の変わりようにはビックリしました。
 合併前は「郡」ということもあって田んぼが多くありました。
しかし、この合併に伴って田畑の税金が値上がりしたらしく、清洲駅北はかなり広い範囲で宅地造成されていました。新築住宅が立ち並び、現在も建築ラッシュ。「うらやまし~」の一言です。
大手ハウスメーカーの住宅が多い中、やはり目を引くのは設計士の入った(手掛けた)住宅です。
やっぱり、違うんですよねー。既成の住宅とは。
ということで、携帯でパシャリと撮ってきました。
NEC_0027NEC_0028
 写真では見にくいかもしれませんが、なかなか良さそうな住宅で、一宮の設計事務所が入っているみたいでした。ちょっと気になるので、時々見に行こうかな、なんて思っています。

 ちなみにお昼は、2年ぶりにこちら地元の人気店「三男坊」でチャー・ラーを食べてきました。
大将もママさんも元気にしていて安心しました。
私のことは覚えていてくれてうれしかったです。(昔あれだけ通ったから当然かな?)
なんだか一昔前にすーっと帰ったみたいでとても楽しかった。

 
 

09/24/2005

古民家の佇まい

 今日から世間は3連休ですね。
建築業界では連休なんて有り得ないです。
(当社だけかも知れませんが..)
 そんななか、KアートのS君に誘われて、お昼に「たんぽぽの里」という場所へ出かけてきました。
肥田瀬にある古民家を改修して、老人介護のデイサービスを行うそうです。

NEC_0026
ちょうど、S君が看板の取付け作業をしていたので迷わず到着。
「うわぁーっ! でかーっ!」
着いていきなりビックリ!?
とても立派な家。
土間玄関を抜けると竹を割って敷き詰めた緩やかなスロープがあって奥の座敷へと続いています。
お座敷は8帖間が4部屋あり、とても開放感がありました。
その1間を掘りコタツ風に改修してありました。
以前の内壁も漆喰を塗りなおして、赤黒く光る梁や柱が本当に綺麗に浮かび上がっています。
水廻りもすべて新しい機器を入れて、お風呂は檜で造作してありました。

「こういうデイサービス施設もいいなー」
ホントに自然素材に囲まれて、お昼のひと時を過ごす。
とても良いことだなーと、Oさん(創設者?)尊敬しちゃいました。
周りでサポートしてみえる方々も尊敬しちゃいました。
なんだか、まだ始ってもいないのに温かーい雰囲気が伝わってきました。

ここに来る人達は、こんなにいい場所で暖かい人達にサービスを受けられてとても羨ましいです。
何だか、私に出来ることがあれば何でもお手伝いしたい。
そんな気持ちになりました。

ホント、皆さん良い人ばかりで、
「ごちそーになりました!」

また、おじゃまします。

西棟 販売を待つのみ!

関市千疋 分譲住宅 販売日決定しました!
10月1日(土)・2日(日)のい2日間に売り出しを行います。
西棟は既に完成して、東棟も何とか間に合いそうです。
かなり素晴らしい住宅になっていますので皆さん是非来てくださいね!
本日の現場の様子です↓
0923-60923-30923-40923-5

0923-10923-2
1階フロアーのカバのフローリングもいい風合いに仕上がっています。
1階リビング部屋のみエアコンが1台付いています。
 外構、敷地の周りのフェンスも取付けが完了。玄関アプローチもタイルが敷かれて良い感じです。
早く、売り出しで皆さんに見て頂きたい。必ず満足してもらえる住宅だと思っています。

09/15/2005

宅建試験 残り1ヶ月!

NEC_0025N建学院の様子
学校の講習も終盤。
試験まで1ヶ月を切りました。
現在は応用問題への適応力を鍛えるべく過去問、答練の繰り返しです。
基礎知識がしっかりと頭に入っていないと、実際の問題でかなり苦戦します。
今後のスケジュールも決まり、試験前の勉強スケジュールはビッシリです。
5問免除もあるので、なんとか業法でかせいで権利、法令の苦手分野も克服したいものです。
生徒のみんなも頑張っています!

09/13/2005

関市千疋 分譲住宅の工事風景

 9月半ばだとゆうのに暑い日が続きます。
関市千疋での分譲住宅建築も終盤です。
西棟の作業がほぼ完了いたしましたので本日、写真を撮ってきました。

0913-11階洗面脱衣所
0913-21階トイレ
0913-3システムキッチン
0913-41階和室
0913-52階6帖洋室
0913-62階8帖洋室

上記のように素晴らしい仕上がりになっています。
本日は1階かばのフローリング部塗装の為の下準備作業中です。
 外構も敷地のフェンス取付け作業に掛かっています。
早く皆様にご覧いただきたい気持ちでイッパイです ^^

販売会の予定が決まりましたのでご案内申し上げます。

先行優先案内会   9月23、24、25日の3日間
第1回一般販売会 10月1、2日の2日間

以上、先行案内させていただきます方にはご連絡させていただきます。

09/06/2005

地震への備え

 『動的耐震診断システム』NEC_0018
先週、会社の近くで耐震システムの講習があったので参加してきました。
「動的耐震診断システム」なるものは、人工的な震度1程度の地震波を与えて、その時の建物の揺れたデータをもとに、この建物が震度いくつまで安全なのかを解析するというものでした。
左写真は建物用振動発生機。水平方向に動いて揺れを発生させます。

 実際の住宅に配置して試験を見学しましたが、その住宅があまりにも立派な木造住宅だったため、機械の付近でもその揺れを感じることはできませんでした。

この耐震診断方法はこの日初めて知った訳ですが、この他に有名な組織として木耐協、『日本木造住宅耐震補強事業者協同組合』があります。
この木耐協の診断方法は、上記の機械の診断方法とは全く違い、それぞれの都道府県の木造住宅耐震相談士という資格認定を受けた人がマニュアルに沿って住宅を診断していきます。
 今現在、市の耐震診断、それに伴う耐震工事の補助金を利用する場合、この耐震相談士の診断方法しか認められていません。
 図面と実際の建物をみて弱い箇所を判断する、構造上の数値で判断する訳です。機械式の診断方法とは全く違う考え方といえるでしょう。
 先ほども触れましたが、現在市では木造住宅耐震診断の補助金を出しています。そしてこの診断によって、かなり低い点数が付いた住宅については耐震工事の補助金も出しています。(上限はあります)

 詳しくは、市役所のホームページをご覧ください。

  関市役所   くらし・住まい 耐震診断・耐震補強工事助成事業

  岐阜市役所  建築指導室 木造住宅耐震診断補助事業

 上記ページにて詳しく説明がありますので、よろしければご覧ください。
補助金で耐震診断ができます。補助金、もともとは私たち税金の一部です。利用しなければ損?じゃないですが、賢く利用できると思います。

 いまの建物、住宅の地震に弱い箇所を知っているか、いないか、その差はかなり大きいと思います。

09/05/2005

建築現場情報

関市千疋に建築中の分譲住宅、工事が若干遅れていましたが、やっと写真の状態まできました。
現在は、内装のクロス仕上げをしています。外構も車の駐車スペースにコンクリートを打設し、玄関までのアプローチを作っているところです。
0905-1
現在の様子です。この販売価格で外構までしっかりと手を入れます。駐車スペースの道路からのスロープもいい感じに出来上がりました。

0905-2
部屋の内壁の写真です。石膏ボードにできた釘の跡や、ボードとボードとの繋ぎ目にできる微妙な隙間などをパテで埋めて平らにし、その上にクロスを貼っていきます。

0905-3

9月の23日から、売り出し会を開催する予定でしたが、1週間伸びるかもしれません。
前回の見学会に来て見えた方々には、前もってお知らせいたします。
とにかく、この住宅が2千万円で買えるなんて夢のようです。(私が言うのもなんですが...)
ぜひとも、売り出し会には足を運んでいただいて、住宅の価値を見ていただきたいと思います。

09/02/2005

住宅金融公庫 金利の改定!!

住宅金融公庫の金利が、9月5日の申し込み分から3.23%(基準金利)に上昇しました。

 長期金利の上昇を受けて、住宅ローン金利にも先高観が広がっていると8月26日の産経新聞の記事にもあったように、これからの全体的な金利上昇が懸念されます。

 各銀行との提携によるフラット35は、まだ2%台を維持しているようですが、これも今後上昇傾向にあると思います。
 短期的(3年、5年もの)な金利は確かに安いですが、目先の数字に飛びつくと今後の金利上昇で痛い目を見るかもしれません。

 原油価格の高騰をみても、過去データからの推測は当たらない、信用できない時代になったと思います。

« August 2005 | Main | October 2005 »