カテゴリー「BOOT STOMP」の21件の投稿

2014年4月30日 (水)

目指した焼き鳥屋は、祭日でクローズ・・・(涙)

8i5a6915_3


昨夜は、浜松BOOTSTOMPへ

OPENより2ヶ月半、永く待たせた立看板を届け、

グッと落ち着いた店内を撮影。


その後は、オーナーと

アツイ アツイ ミーティング

キーワードは 宇宙と台北だったか・・・(笑)


またもや、ガッチリ握手を交わし、岐阜へ



8i5a6891_2








弊社ウェブサイトhttp://www.miyabe-kensetu.com







 

























| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月18日 (火)

祝!OPEN! ~ハレオトコは浜松にもいた~

Dpp_0001

2.15  BOOTSTOMP  祝 OPEN !!!!

前日まで、雨が降りスタートが心配されましたが、

そこは、オーナー。


やはり、持ってる男は違います。

周辺地方はまだ曇ってぐつついているのに、OPEN時には

日が差してくるという奇跡。  ゴイスーです。


Dpp_0002

OPEN初日を終え、打上げパーティ。

音楽関係のプロフェッショナルな方たちを前に、 われらが市村も一曲(笑)

やっぱり 市村大工のステージも見てみたい。



遠い静岡県 浜松の地に いつもの住宅とは違うステージではあったが、

常に日本全国・世界中に発信されている オーナー YUICHI氏が、

『 設計工務店 宮部建設 』を 新しい世界に連れて行ってくれた気がする。




BOOTSTOMP

なんだか、YUICHI氏と現場で作業している時、

COBRA や ANGER FLARESのメンバーとして 同じステージに立ち

LIVEで 一曲 ギターを弾かせてもらってる気分だった。


YUICHIさん 本当にありがとう。


そして、関わっていただいた皆様に心よりに感謝申し上げます。











 


 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月10日 (月)

もうすぐ、オープンなのに。

Dpp_0002

BOOTSTOMP

今だ、オーナー レコーディング・LIVEから 戻ってこない。

不在のBOOTSTOMPに

そっと、プレゼントを置いてきた。


Dpp_0001

時間とともに 深みがどんどん増してくる

真鍮という素材に、

これでもかというほどタタキを加えた

手仕事感 たっぷりの シュミット一点モノの コイントレイ。


シブイゴールドがいかにもお金を呼ぶ雰囲気w





| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 7日 (金)

シュミットもここにいる

Hdr10

BOOTSTOMP

いつもの アイアンマン 

『 SCHMIED 1535 』 シュミット も

ガッチリ 男気で

シッカリ 爪あとを残してくれた。


彼にも感謝。


Hdr11

レザージャケットをハンガーに掛け吊るす

ライダースと間違いなくマッチするだろう


 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 5日 (水)

Nishihara.UK

Dpp_0001

BOOTSTOMPに

岡山のアレ、西原UKスパイスを加える

シブイ灯りがショップのキャラクターを一層深くする。


Dpp_0005


Dpp_0009


西原さん!素晴らしい御提案と男気に改めて感謝いたします!


オープンが待ち遠しい!


BOOTSTOMP  2/15  OPEN!




Dpp_0004






| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 3日 (月)

BOOTSTOMPのアレ

Dpp_0005

早朝より車を西へむけ走らせ、10時前には 明石海峡大橋を渡っていた。

そして、淡路島を抜け、四国は香川県へ

夕方の待ち合わせ前に寄り道をする作戦である。



そこは、ジョージナカシマ記念館


一旦は通り過ぎてしまったが、Uターンし無事到着


素晴らしい椅子やテーブルに触れた。

見て、触れ、更に トークがプラスされると

もう、これ以上のものは無いのではと思うほど素敵に感じてしまう。


あまりに、感動しすぎると、疲れて一日持たないので


ほどほどで次を目指す。


Dpp_0006


Dpp_0007

そして、


高級石材庵治石の産地 五剣山の麓


イサムノグチ庭園美術館。


石をはつる、石工のカーン カーンという心地よいリズムを聴きながら


未完を含む150点もの石彫刻作品を味わう。


辺りを見回し、深呼吸をして、


芸術家と同じもを観た気になってみる。



どのように、加工したのか

どのように、運んだのかとか

どのような、意味をもつのかとか

散々考えてしまうが、


最後はやはり 無 で感じればよいのか とか感じながら巡る。


Dpp_0001_4


で、地元の方おすすめの 老舗おうどんを頂いて、

いざ、岡山をめざす。


途中、平安時代 屋島の合戦の舞台を望む展望台から瀬戸内海を眺め


だんだんと日が傾いてきたところで、瀬戸大橋を渡る。






ようやく、1年半ぶりの岡山 『 Womb  』 西原氏のもとへ


Dpp_0008_2


アンティークが所狭しと並んだ素敵なショップをあとに、

近くの秘密基地へ案内される。


Dpp_0011


そこに、アレが用意されていた。

浜松の例の アレ だ。

写真はみさせていただいていたが、 実物

超・素敵である。


ガッチリと握手を交わし、 西原氏の男気をガッチリいただきました。


感謝、感謝、感謝いたします!


Dpp_0003


もっと、ゆっくりショップのアンティーク古道具も物色させていただきたかったが、

翌日の予定もあるため、


一気に、岐阜へ!


なんとか、フラフラ帰宅。 

BOOTSTOMPに思いを届けねば・・




 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月31日 (金)

UKスパイス

Dpp_0002

BOOTSTOMP

実は、まだ未完成である。


更に、力を貸してくれるという男がいるから。


『 Womb 』 西原氏

遠く岡山にて インダストリアル系アンティークショップとともに、

オリジナルランプ・インテリアを発信されている。



今回のプロジェクトに 西原テイストをプラスしたいと相談したところ

なんと  超アツイ男気でこたえてくれました!

ありがとうございます!!

Dpp_0003

なので、明日は 岡山へ。

最高にシビレるUKスパイスをプラスできそう。












| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月29日 (水)

2.15 OPEN!! BOOTSTOMP

1538899_496008450517968_1828718151_

Hdr12

1012238_498333116952168_1270948630_

2/15(土)は 浜松に集合! 

ライブハウス G-SIDEの1F

遠州鉄道 第一通り駅下車 すぐ

おまちしております!

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月28日 (火)

2/15(土) NEW OPEN!!

Hdr8

BOOTSTOMP

前嶋電気さんの照明器具取りつけも無事完了!

ライトアップすると 一段と雰囲気が増す。

通りがかりの方々にも沢山声を掛けられた。

『 何屋サンですか? 』


Hdr4


Hdr5


Hdr6_2


Hdr11


2日ほど留守だったオーナーに会い

最終確認と同時にアツイ握手をいただいた。

これから、オープンまでの準備があるが、

レコーディングも重なっている様子で、大変そうでした。


Hdr1_2


普段の業務エリアから遠く離れた土地でのプロジェクト。

不安要素一杯で、どうなることかと思っておりましたが、

皆様のお力添えにより、何とか完了することが出来ました。

サポートして頂いた、協力業者の皆様なくしては、無理であった今回の工事

頭があがらぬ思いです。

そして、

我が宮部建設に声を掛けてくれた、YUICHIさん 橋渡しをしてくれたThe Solution。


皆様に本当に心から感謝いたします。


この場所が、このミュージシャン達が生きる世界の人たちの交流の場となり、ファン達の

集う場所となり、新たなシーンが生まれるていくはず。


BOOTSTOMP CLOTHES&RECORDS

2/15日 OPEN !!!!



8i5a8689


早速、オーナー

自ら編集長を務める PUNK誌『 Bolloks 』のポスターを貼る。

が、

結局、破れたとかなんとかで、

『 もお、ええわ! 』

『 なんすか、それ!』






 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月27日 (月)

ルイスレッド

Hdr6

BOOTSTOMP

とうとう、最終仕上げ 床にタイルカーペットを敷く

イギリスを代表するライダースといえば ルイスレザー

その革ジャンの裏地はイングランドレッドである。 だからレッド。


Hdr


最後に、命を吹き込むがごとく、

『 BOOTSTOMP 』 を取り付ける。


Hdr2


Hdr3


Hdr4_2


Hdr1


後は、照明器具を残すのみ。 前嶋電気さんよろしく!






| コメント (0) | トラックバック (0)